狭山[市](読み)さやま

百科事典マイペディアの解説

狭山[市]【さやま】

埼玉県南部の市。1954年市制。武蔵野台地の一部を占め,入間(いるま)川が北流する。中心市街の入間川は中世の鎌倉街道の渡河点に発達した集落で,近世市場町として栄えた。西武鉄道新宿線が通じ,1996年3月首都圏中央連絡自動車道が開通した。伝統産業に製茶製材,醸造,農産加工織物などがある。1960年代後半に工業団地が造成されて以来急速に発展し,輸送用機器をはじめ製造品出荷額で1兆2785億円(2003)を上げ,県下一の工業都市となっている。付近は狭山茶の本場で,米,麦,サツマイモ,野菜も産する。入間川七夕祭は江戸時代以来の長い伝統があって有名。48.99km2。15万5727人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さやま【狭山[市]】

埼玉県南部の市。北西流する入間(いるま)川をはさんで武蔵野台地と入間台地にまたがる。人口16万2240(1995)。1954年入間川町と入間,堀兼,奥富,柏原,水富の5村が合体,市制。中心の入間川は鎌倉街道が入間川を渡る地点の集落として起こり,江戸時代は2・7の六斎市が立った。逃水((にげみず))という地名や堀兼井,七曲井の遺構などに,水の乏しい武蔵野台地の特性がよく表れている。1895年に,川越鉄道(現,西武新宿線)が開通した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android