コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄恵 げんえ

4件 の用語解説(玄恵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄恵
げんえ

[生]?
[没]正平5=観応1(1350).3.2. 京都
鎌倉時代末期~南北朝時代初期の天台宗の僧。「げんね」ともいい,「玄慧」とも書く。法印。号,独清軒。天台僧で禅門にも入り,京都北小路に住んだ。虎関師錬 (こかんしれん) の弟という。後醍醐天皇の侍読。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄恵 げんえ

?-1350 鎌倉-南北朝時代の僧。
天台宗。一説に虎関師錬(こかん-しれん)の弟。宋(そう)学にも通じ,後醍醐(ごだいご)天皇にしばしば講義したといわれる。足利尊氏,直義(ただよし)の信任を得,「建武(けんむ)式目」の起草に関与した。「庭訓(ていきん)往来」「太平記」の編著者とつたえられる。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年3月2日死去。号は独清軒,健叟。法名は玄慧ともかき,「げんね」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

玄恵

没年:観応1/正平5.3.2(1350.4.9)
生年:生年不詳
南北朝期の天台宗の僧。玄慧とも書く。独清軒,健叟と号した。今川了俊の『難太平記』には,足利直義の前で恵鎮上人が持参した『太平記』を読んだとみえ,『太平記』の成立にかかわるとされる人物。『太平記』では,後醍醐天皇の倒幕のための無礼講に招かれて『昌黎文集』の談義を行い,足利尊氏に比叡山の開創の由来を物語って尊氏を説得,尊氏の庶子直冬を直義に引き合わせた話などがみえる。史実では元応1(1319)年に花園上皇の持明院殿の御所で『論語』談義を行うなど,漢学をもって持明院統に近侍し,建武3(1336)年11月の「建武式目」の起草にもかかわり,直義との交流が深かった。また南宋の魏慶之の『詩人玉屑』に加点するなど漢詩文に優れ,文人として名高かった。後世に宋学の権威とされるが,南朝との関係も含めて確かではない。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄恵
げんえ
(?―1350)

鎌倉時代から南北朝時代にかけての天台宗の学問僧。「げんね」ともいい、玄慧とも書く。独清軒、健叟の号がある。法印権大僧都(ごんだいそうず)に昇った。儒学にも通じ、公卿(くぎょう)らに講じたり、漢詩の添削なども行った。『建武式目(けんむしきもく)』の制定にもかかわり、足利氏との関係も深かった。『庭訓往来(ていきんおうらい)』や『太平記』の作者とされるが確かではない。『平家物語』の流布本への改作者とする説もある。[會田 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玄恵の言及

【玄慧】より

…鎌倉末期から南北朝時代にかけて活躍した天台宗の僧侶で儒者。玄恵とも書き,〈げんね〉とも読む。号は独清軒(どくせいけん),健叟(けんそう)。…

※「玄恵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

玄恵の関連キーワード正平フィリップ赤松則村高師世ビータウタス観応ウェールズ文学観応の擾乱ドイツ語足利銀行の経営破綻

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玄恵の関連情報