王通(読み)おうつう(英語表記)Wang Tong

大辞林 第三版の解説

おうつう【王通】

〔「おうとう」とも〕 (584頃~617) 中国、隋代の儒者。字あざなは仲淹ちゆうえん、諡おくりなは文中子。弟子との問答集「文中子」が伝わる。儒・仏・道三教の合一を主張。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王通
おうとう
(586―617)

中国、隋(ずい)の思想家。字(あざな)は仲淹(ちゅうえん)。絳州(こうしゅう)竜門(りゅうもん)(山西省河津(かしん)県)の出身。20歳のとき隋の文帝(楊堅)に「太平策」を上奏して採用されず、以後は郷里で著述と教授に専念した。その門下は1000人を超え、唐初の名臣李靖(りせい)、房玄齢(ぼうげんれい)、魏徴(ぎちょう)などが出た。32歳で死没し、門人は文中子(ぶんちゅうし)と諡(おくりな)した。初唐詩人の王勃(おうぼつ)はその孫。個人の福利追求や出世間を願う釈老(仏教・道教)の教理よりも儒教のもつ経世治民の思想を尊び、儒家経典(易・書・詩・礼・楽・春秋)を続増した自らの「六経(りくけい)」をつくりあげ、うち『春秋(しゅんじゅう)』に擬した『元経(げんけい)』が伝わる。
 現存の『中説』10巻は、門人との対話を薛収(せつしゅう)(592―624)・姚義(ようぎ)が集録したものに、北宋(ほくそう)の阮逸(げんいつ)が注を付したが、偽作の疑いをもたれた誤伝や誇張を含んでいる。当時の義疏(ぎしょ)(経典の解説書(コメンタール))が陥った煩瑣(スコラ)性を排して経典の共通原理を「中」に求め、漢帝国を理想とする統一国家体制の復活を願望し、また劉知幾(りゅうちき)にも通ずる史論と、四六文(しろくぶん)(四字句、六字句を基本として対句を用いた四六駢儷(べんれい)体)の文飾よりも簡約な文辞を尊ぶ文論を唱えた。[戸川芳郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の王通の言及

【文中子】より

…中国,隋の王通(584‐617)を諡(おくりな)でよんだもの。竜門(山西省河津県)の人。…

※「王通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android