コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境リスク かんきょうリスク

大辞林 第三版の解説

かんきょうリスク【環境リスク】

人の活動によって加えられる環境への負荷が、環境保全に支障を生じさせるおそれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんきょう‐リスク〔クワンキヤウ‐〕【環境リスク】

人の活動によって生じた環境の汚染や変化が原因となって、人の健康や生態系に有害な影響を及ぼすおそれがあること。「化学物質による環境リスク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

環境リスク
かんきょうりすく

人の活動によって生じた環境汚染や環境負荷が原因となって、人の健康や生態系に影響を及ぼす可能性があること。本来は地球環境問題を含めてすべての要因が対象であるが、狭義には化学物質による環境リスクをいう場合が多い。リスクの概念は、将来において予期しない出来事を完全に回避することは不可能なので、その発生の確率と影響の大きさの程度に応じて対応しようというものである。化学物質による環境リスク対策は、特定の物質を規制するだけでは予防できない場合がある。そこで社会全体で目ざすべきリスクレベルについて合意形成を図りながら環境リスクを最小限に抑えていくことが求められる。具体的な対策として、科学的な知見によってリスクの発生確率を推定し評価するリスク・アセスメント、環境リスクを低減させるためのリスク・マネジメント、リスクに関する情報や認識を国民や事業者などと共有し適切な行動を促すためのリスク・コミュニケーションが重要となる。化学物質による環境リスク対策の一つとして、環境汚染物質排出移動登録制度(PRTR)がある。日本でも1999年(平成11)7月に特定化学物質管理促進法が成立し、この制度が法制化された。[山本耕平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

環境リスクの関連キーワードリスクコミュニケーションCOSO ERM国立環境研究所グリーン経済エコチル調査中西準子危機管理山本耕平COSO応用地質環境保全内部統制アミタ危機支障

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環境リスクの関連情報