環太平洋地帯(読み)かんたいへいようちたい(英語表記)circum‐Pacific region

世界大百科事典 第2版の解説

かんたいへいようちたい【環太平洋地帯 circum‐Pacific region】

太平洋の周縁をめぐる地帯。環太平洋火山帯地震帯の名でも知られるように,地球上の重要な地学的変動地帯である。緯度方向のアルプス・ヒマラヤ地帯が大陸間の代表的な変動地帯であるのに対し,本地帯は太平洋と周縁大陸間の変動地帯として知られている。 現在活動的な部分は大部分が島弧ないし陸弧系からなる。その主なものは,アラスカ南部・アレウトカムチャツカ・千島,東日本,伊豆・マリアナ,西日本(琉球),フィリピンインドネシアメラネシア,トンガ・ニュージーランド北島,西南極地方・スコシアアンデス,中央アメリカである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android