コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生方たつゑ うぶかたたつえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生方たつゑ
うぶかたたつえ

[生]1905.2.23. 三重
[没]2000.1.18. 群馬,沼田
歌人。日本女子大学家政科を卒業。結婚して群馬県沼田市に住む。1932年頃から作歌を始め,アララギ派の今井邦子に師事し,1936年に歌誌『明日香』創刊に参加。上州の厳しい風土を感じさせる緊張感に満ちた作品群は「硬質ガラスの叙情」と形容され,歌壇の一線に立った。第2次世界大戦後の 1949年に『女人短歌』の創刊に参加,1963年『浅紅(せんこう)』を創刊,主宰する。産経新聞や毎日新聞などの歌壇選者を務め,日本歌人クラブ代表幹事,現代歌人協会理事などを歴任。作歌指導のほかに随筆,評論にも幅広く活躍した。歌集に『白い風の中で』(1957,読売文学賞),『野分のやうに』(1979,迢空賞),評論に『王朝の恋歌』『万葉歌抄』など著書多数。(→短歌

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

生方たつゑ【うぶかたたつえ】

歌人。三重県生れ。《アララギ》の歌人今井邦子に師事して,1936年,《明日香創刊に参加,その後《女人短歌》《国民文学》に参加。1935年の第1歌集《山花集》以後,《浅紅》,《青粧》,《白い風の中で》(1957年。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生方たつゑ うぶかた-たつえ

1904-2000 昭和-平成時代の歌人。
明治37年2月23日生まれ。今井邦子に師事し,昭和10年第1歌集「山花集」を刊行。24年「女人短歌」の創刊に参加し,編集委員をつとめる。38年「浅紅(せんこう)」を創刊,主宰。写実から出発し,心象詠に独自の境地をひらいた。33年「白い風の中で」で読売文学賞,55年「野分のやうに」で迢空(ちょうくう)賞。平成12年1月18日死去。95歳。三重県出身。日本女子大卒。旧姓は間宮

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うぶかたたつえ【生方たつゑ】

1905~2000) 歌人。三重県生まれ。日本女子大卒。アララギ系の写実的な詠風で出発したが、作風を転換させ、感性のひらめく心理の陰影を主知的に歌う。歌集「白い風の中で」「野分のやうに」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生方たつゑ
うぶかたたつえ
(1905―2000)

歌人。三重県宇治山田(伊勢(いせ)市)生まれ。日本女子大学家政科卒業。今井邦子(くにこ)、松村英一に師事。1963年(昭和38)に『浅紅(せんこう)』を主宰。歌集は『山花集』(1926)、『雪の音譜』(1954)、『青粧』(1955)、『白い風の中で』(1957・読売文学賞受賞)、『野分のやうに』(1979・迢空(ちょうくう)賞受賞)などがある。詩性の高い作品が多く、冷たい言語感覚によって、内面感情をとらえた作品は氷の花のように美しい。『毎日新聞』『サンケイ』新聞(現『産経新聞』)などの選を受け持って活躍、日本歌人クラブ幹事を務めた。85年、群馬県沼田市に短歌専門の図書館として生方記念文庫が設立された。[菱川善夫]
 椎(しひ)のはなあまく苦しき夜なれば痙攣(けいれん)のする目を見るなかれ
『『定本生方たつゑ全歌集』(1979・角川書店) ▽『現代短歌集成 生方たつゑ』(1995・沖積舎) ▽上田三四二著『現代歌人論 生方たつゑ』(1969・読売新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

生方たつゑの関連キーワード生方 たつゑ松村英一作歌作風感性心理陰影

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android