コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生理的落果

3件 の用語解説(生理的落果の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

生理的落果

 物理的,人為的などの原因でなく,植物本来の性質によって自然に果実が落果すること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

生理的落果【せいりてきらっか】

果実が物理的な原因によってではなく生理的な原因で木から落ちること。胚や子房の発育停止,栄養の不調和,結果数に対する同化物質の不足などの生理的原因により,果柄部に分離層ができて落果する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生理的落果
せいりてきらっか

開花直後の花や果実が風や雹(ひょう)、凍霜害などの物理的障害や病害虫、農薬害、あるいは成熟によっておこる以外の理由で落下することをいう。この落果は果樹の種類によって特定されるが、果梗(かこう)(果物のつく柄(え))基部、同先部のへたとの接点、へたや萼(がく)と果実との接する部位などに形成される離層によっておこる。生理的落果は大別して早期落果と後期落果の2回からなる。
 早期落果は、果樹によって異なるが、開花直後から2~3回の波をもって現れる。たとえばリンゴでは、第1回目は開花直後から始まって2~3週間続き、その後数日たって第2回目が始まり、2~4週間続く。アメリカではこの2回目の落果は6月ごろ現れるためにジューン・ドロップJune dropとよばれる。早期落果はモモ、アンズ、ウメ、スモモなどの核果類や、柑橘(かんきつ)類、カキ、クリなどにも多くみられる。この原因としては次のようなことが考えられる。雌しべが不完全あるいは不受精による単為結果などの場合には開花後早々に落果する。また果実の発育途中での落果は、胚(はい)の発育停止、種子数の不足、同化養分の不足や、窒素過多または不足、乾燥などにもよるものと考えられ、ジューン・ドロップの類はこれである。後期落果は収穫前落果ともいい、収穫期の間近にみられ、リンゴ、柑橘類、カキなどに多い。落果は植物ホルモンの量と関係があり、オーキシン、サイトカイニンの含量が低く、エチレンの生成、アブシシン酸の含量が多いときにおきやすい。
 生理的落果は一面では果樹自体の自己調節作用ともみることができる。落果が少なすぎると樹体が弱り隔年結果を招き、多すぎると栄養成長が盛んとなり徒長ぎみになる。これを防ぎ目的にかなった収穫を行うためには、摘果または落果の防止を行う。早期落果の防止には、人工授粉による確実な結果結実促進、尿素の葉面散布による窒素の補給、速効性液肥施用、摘果による適正果実数への調整などがあり、後期落果の防止には、リンゴやミカン類では2,4,5-TP(シルベックスsilvex。雑草除去剤、害虫防除剤)、カキやワシントンネーブルではジベレリンなどの散布が行われる。[飯塚宗夫]
『山崎利彦・福田博之・広瀬和栄・野間豊編著『果樹の生育調節』(1989・博友社) ▽岡本五郎著『果実の発育とその調節』(1996・養賢堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生理的落果の関連キーワード心理的コスト物理的封じ込め生理的病理的副因薬理物理分析生理障害生理的塩類液生理的燃焼価

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone