コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生生流転 ショウジョウルテン

5件 の用語解説(生生流転の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうじょう‐るてん〔シヤウジヤウ‐〕【生生流転】

万物が限りなく生まれ変わり死に変わって、いつまでも変化しつづけること。せいせいるてん。
[補説]書名別項。→生々流転

せいせい‐るてん【生生流転】

しょうじょうるてん

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうじょうるてん【生生流転】

せいせいるてん【生生流転】

( 名 ) スル
いっさいのものは生まれてたえず変化していくこと。しょうじょうるてん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生生流転
しょうじょうるてん

生まれ変わり、死に変わりして、輪廻(りんね)の世界で次々と生を繰り返すことをいう。仏教では、生あるものは、自己のなした行為の結果が目に見えない余力としての業(ごう)(カルマン)となり、その業の善悪によって、死後、六道(天、人、修羅(しゅら)、畜生、餓鬼(がき)、地獄)のうちのいずれかに生まれ変わり、業の尽きるまでそれを繰り返すと説く。修行によって煩悩(ぼんのう)を断じ、悪業を滅して、輪廻の生存から脱するのが解脱(げだつ)である。[藤井教公]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生生流転の関連キーワード生まれ変わり・生れ変わり生生世世変成流転生き替り死に替り生れ変り変り死に変る多生曠劫分段輪廻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生生流転の関連情報