コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生生流転 ショウジョウルテン

デジタル大辞泉の解説

しょうじょう‐るてん〔シヤウジヤウ‐〕【生生流転】

万物が限りなく生まれ変わり死に変わって、いつまでも変化しつづけること。せいせいるてん。
[補説]書名別項。→生々流転

せいせい‐るてん【生生流転】

しょうじょうるてん

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじょうるてん【生生流転】

せいせいるてん【生生流転】

( 名 ) スル
いっさいのものは生まれてたえず変化していくこと。しょうじょうるてん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生生流転
しょうじょうるてん

生まれ変わり、死に変わりして、輪廻(りんね)の世界で次々と生を繰り返すことをいう。仏教では、生あるものは、自己のなした行為の結果が目に見えない余力としての業(ごう)(カルマン)となり、その業の善悪によって、死後、六道(天、人、修羅(しゅら)、畜生、餓鬼(がき)、地獄)のうちのいずれかに生まれ変わり、業の尽きるまでそれを繰り返すと説く。修行によって煩悩(ぼんのう)を断じ、悪業を滅して、輪廻の生存から脱するのが解脱(げだつ)である。[藤井教公]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

生生流転の関連キーワード山本眞輔惑業苦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生生流転の関連情報