生産管理(労働)(読み)せいさんかんり

百科事典マイペディアの解説

生産管理(労働)【せいさんかんり】

労働組合が使用者の指揮命令を排除し,自ら生産や業務を管理運営する争議行為。第1次大戦後の経済混乱期に独・伊で行われ,日本では第2次大戦直後のインフレ高進,生活物資欠乏,経営者の生産サボタージュに対抗してしばしば行われた。1950年最高裁で違法と判決されて以後はみられなくなった。
→関連項目工場占拠争議行為

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android