生産管理(労働)(読み)せいさんかんり

百科事典マイペディアの解説

生産管理(労働)【せいさんかんり】

労働組合が使用者の指揮命令を排除し,自ら生産や業務を管理運営する争議行為。第1次大戦後の経済混乱期に独・伊で行われ,日本では第2次大戦直後のインフレ高進,生活物資欠乏,経営者の生産サボタージュに対抗してしばしば行われた。1950年最高裁で違法と判決されて以後はみられなくなった。
→関連項目工場占拠争議行為

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android