コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業気象学 さんぎょうきしょうがく industrial meteorology

2件 の用語解説(産業気象学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業気象学
さんぎょうきしょうがく
industrial meteorology

諸産業と気象および気候との関係を,おもに生産面,設計,災害との関係において究明しようとする応用気象学(応用気象)の一部門。農業,工業,交通,建築,水産,生活などの分野がある。農業の分野では農業気象学として独立した部門となっている(→農業気象)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

産業気象学
さんぎょうきしょうがく

諸産業の生産、計画、災害などに気象や気候がどのような影響を与えるかについて考究する応用気象学の一分野。対象となる諸産業としては農業、工業、建設、水産、商業などの分野がある。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産業気象学の関連キーワード乾燥限界気象庁湿潤気候農業気象労使関係一親等高山気候縁を切る籾山政子《国内投資と失業との関係》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone