コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊川用水 とよがわようすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊川用水
とよがわようすい

愛知県南東部,東三河平野渥美半島を受益地域とする多目的用水路。天竜・東三河特定地域総合開発の一環として,1949年国営事業として着工。 1958年事業内容を農業,工業,都市用水の供給に修正拡大。 1961年に愛知用水公団が事業を継承,1968年完成。同 1968年,愛知用水公団は水資源開発公団に統合され,2003年 10月から独立行政法人水資源機構に管理が引き継がれた。おもな水源は豊川の上流にある宇連 (うれ) ダムと大島ダム,および天竜川水系の佐久間ダム。幹線水路 118km,支線水路は 546kmに及ぶ。受益灌漑面積は1万 8000ha,渥美半島を中心とする施設園芸,東三河平野などの営農に活用され,これらの地域を農業近代化のモデル地区にまで発展させる基礎となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよがわようすい【豊川用水】

愛知県南東部に通じる多目的用水。水源を天竜川水系の佐久間ダムと宇連(うれ)ダムに求め,豊川下流域および渥美半島に農業用水を,豊橋市豊川市をはじめとする東三河の諸都市や静岡県湖西市に工業・水道用水を供給する。受益面積2万0200ha。鳳来町大野頭首工で取水して新城市日吉に至り,そこで渥美半島にのびる東幹線水路76.2kmと蒲郡市にのびる西幹線水路37.2kmに分水される。東三河地域には灌漑用水路として近世初期に着工された松原用水,1888年に完成した牟呂用水などがあったが,灌漑面積は豊橋平野の一部を占めるにすぎなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊川用水
とよがわようすい

愛知県東三河地方と静岡県湖西(こさい)市を含む地域を潤す多目的用水。1949年(昭和24)農林省による国営事業として着工され、1961年愛知用水公団に引き継がれ、1968年完成した。総工費488億円、着工から完成まで19か年を要した。大きな特徴は大規模な流域変更が行われたことで、天竜川水系大千瀬(おおちせ)川の水を豊川の支流宇連(うれ)川に建設された宇連ダム(鳳来(ほうらい)湖)へ導き、佐久間ダムから山中をトンネル(約14キロメートル)によって三輪(みわ)川(宇連川)に導水している。宇連ダムの放流水と佐久間ダムの分水は大野(おおの)頭首工を経て日吉(ひよし)分水工に導き、日吉で東西二大幹線水路に分ける。豊川左岸の東部幹線は豊橋市を経て渥美半島の先端まで、右岸の西部幹線は豊川(とよかわ)市を経て蒲郡(がまごおり)市に配水される。これによって三河湾岸の臨海工業地帯の造成、渥美(あつみ)半島などの畑地灌漑(かんがい)、施設園芸の発展を可能にした。利水区分は農業用水1億2300万トン、工業用水7700万トン、都市用水は6800万トンの割合になっている。受益農地は静岡県湖西市を含めて約2万ヘクタール。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

豊川用水の関連キーワード伊良湖東大寺瓦窯跡大野(愛知県)水資源開発施設一宮(愛知県)赤羽根[町]近藤 寿市郎愛知県豊川市愛知県田原市桑原 幹根一宮[町]渥美[町]近藤寿市郎田原[町]伊良湖岬明治用水天伯原愛知県赤羽根本宮山田原市

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊川用水の関連情報