コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田老[町] たろう

百科事典マイペディアの解説

田老[町]【たろう】

岩手県東部,太平洋に面する下閉伊(しもへい)郡の旧町。木材を多産し,アワビ,ウニ,ワカメの採取,養殖など漁業が盛ん。銅,硫化鉄亜鉛などを産した田老鉱山は1971年閉山した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たろう【田老[町]】

岩手県東部,下閉伊(しもへい)郡の町。人口5056(1995)。東は太平洋に臨み,南は宮古市に接する。南部の田老川と北部の摂待(せつたい)川の河口付近に低地があるほかは,山地ないし台地である。たびたび津波の被害を受けたところで,1896年,1933年の三陸地震津波では全集落を流失したが,58年高さ10m,延長1350mの大防潮堤が完成した。61年には三陸フェーン大火により町域の5割が被害を受け,北西部にあって硫化鉄,銅,亜鉛などを産した田老鉱山は全焼し,71年に閉山した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

田老[町]の関連キーワード三陸復興国立公園

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android