コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田老[町] たろう

2件 の用語解説(田老[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

田老[町]【たろう】

岩手県東部,太平洋に面する下閉伊(しもへい)郡の旧町。木材を多産し,アワビ,ウニ,ワカメの採取,養殖など漁業が盛ん。銅,硫化鉄,亜鉛などを産した田老鉱山は1971年閉山した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たろう【田老[町]】

岩手県東部,下閉伊(しもへい)郡の町。人口5056(1995)。東は太平洋に臨み,南は宮古市に接する。南部の田老川と北部の摂待(せつたい)川の河口付近に低地があるほかは,山地ないし台地である。たびたび津波の被害を受けたところで,1896年,1933年の三陸地震津波では全集落を流失したが,58年高さ10m,延長1350mの大防潮堤が完成した。61年には三陸フェーン大火により町域の5割が被害を受け,北西部にあって硫化鉄,銅,亜鉛などを産した田老鉱山は全焼し,71年に閉山した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田老[町]の関連キーワード出雲平野岩手県北山崎南部馬方節いわいずみたのはた三田貝分校やまだ西塔幸子西川屋茂平

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone