コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲宗八幡神社 コウソウハチマンジンジャ

2件 の用語解説(甲宗八幡神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうそうはちまん‐じんじゃ〔カフソウハチマン‐〕【甲宗八幡神社】

北九州市門司区にある神社。祭神は応神天皇神功皇后(じんぐうこうごう)ほか三神。神体は、神功皇后三韓出兵のときに着けた甲(よろい)という。貞観2年(860)の創建と伝えられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲宗八幡神社
こうそうはちまんじんじゃ

福岡県北九州市門司(もじ)区旧門司に鎮座。品陀和気命(ほんだわけのみこと)(応神(おうじん)天皇)、息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)(神功(じんぐう)皇后)、多紀理比売命(たぎりひめのみこと)、多紀津比売命(たぎつひめのみこと)、市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)を祀(まつ)る。860年(貞観2)大宰大弐(だざいのだいに)清原真人(まひとみねなり)が勅を受けて創建したと伝承する。社名の甲宗とは、神功皇后三韓遠征のときの甲(かぶと)を神体とすることによるという。中世以降、武将の崇敬厚く、近世には小笠原(おがさわら)氏が保護崇敬した。社家は大神(おおが)氏。明治の制で県社。例祭は10月14~16日で、関門海峡の三綱石に付着のサザエを献ずる儀式を行う。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲宗八幡神社の関連キーワード浅間神社大崎八幡神社香椎宮白鬚神社住吉神社高津宮谷地八幡宮

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲宗八幡神社の関連情報