コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲宗八幡神社 コウソウハチマンジンジャ

2件 の用語解説(甲宗八幡神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうそうはちまん‐じんじゃ〔カフソウハチマン‐〕【甲宗八幡神社】

北九州市門司区にある神社。祭神は応神天皇神功皇后(じんぐうこうごう)ほか三神。神体は、神功皇后三韓出兵のときに着けた甲(よろい)という。貞観2年(860)の創建と伝えられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲宗八幡神社
こうそうはちまんじんじゃ

福岡県北九州市門司(もじ)区旧門司に鎮座。品陀和気命(ほんだわけのみこと)(応神(おうじん)天皇)、息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)(神功(じんぐう)皇后)、多紀理比売命(たぎりひめのみこと)、多紀津比売命(たぎつひめのみこと)、市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)を祀(まつ)る。860年(貞観2)大宰大弐(だざいのだいに)清原真人(まひとみねなり)が勅を受けて創建したと伝承する。社名の甲宗とは、神功皇后三韓遠征のときの甲(かぶと)を神体とすることによるという。中世以降、武将の崇敬厚く、近世には小笠原(おがさわら)氏が保護崇敬した。社家は大神(おおが)氏。明治の制で県社。例祭は10月14~16日で、関門海峡の三綱石に付着のサザエを献ずる儀式を行う。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲宗八幡神社の関連情報