画竜点睛(読み)ガリョウテンセイ

デジタル大辞泉の解説

がりょう‐てんせい〔グワリヨウ‐〕【画竜点×睛】

《中国、梁の張僧繇(ちょうそうよう)が、金陵安楽寺の壁にかいた(ひとみ)を入れたら、たちまち雲に乗って昇天したという「歴代名画記」七の故事から》最後の大事な仕上げ。また、ほんの少し手を加えることで全体が引き立つこと。→画竜点睛を欠く
[補説]「がりゅう」とは読まない。また、「睛」を「点」とは書かない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

画竜点睛

竜を描いて睛(ひとみ)に墨を点ずること、最後の仕上げをすること。画人が最後に睛を点じた竜は壁を破って飛び去ったという。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

がりょうてんせい【画竜点睛】

〔「水衡記」より。梁の画家張僧繇ちようそうようが、竜を描いて、その睛ひとみを書き加えたところ、竜が天に昇ったという故事から〕
物事全体を生かす中心。また、物事を完璧かんぺきなものにするための最後の仕上げ。 〔「睛」を「晴」とするのは誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画竜点睛の関連情報