温根湯温泉(読み)おんねゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温根湯温泉
おんねゆおんせん

北海道北東部,北見市にある温泉。常呂川支流,無加川中流に泉源がある。地名はアイヌ語のオンネユ (年老いた温泉の意) に由来。泉質単純泉硫黄泉。泉温 50℃前後。エゾムラサキツツジの群落が春に美しい花を咲かせる。大雪山層雲峡への東側の基地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕温根湯温泉(おんねゆおんせん)


北海道北東部、北見(きたみ)市留辺蘂(るべしべ)町にある温泉。常呂(ところ)川支流の無加(むか)川に臨む。北見地方を代表する行楽向きの温泉。近くにキタキツネ牧場がある。エゾムラサキツツジの群生地があり、5月上旬から開花する。ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉。泉温50.4℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温根湯温泉
おんねゆおんせん

北海道北東部、北見市(きたみし)留辺蘂町(るべしべちょう)地区にある温泉。無加(むか)川を挟んで旅館が立ち並ぶ。泉質は硫黄(いおう)泉。大雪国道(39号)が通じ、JR石北(せきほく)本線留辺蘂駅からはバスの便がある。無加川左岸の山麓(さんろく)地には日本最大といわれるエゾムラサキツツジの群落がある。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おんねゆ‐おんせん ヲンねゆヲンセン【温根湯温泉】

北海道東北部、留辺蘂(るべしべ)町にある温泉。泉質は硫化水素泉。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android