温根湯温泉(読み)おんねゆおんせん

  • おんねゆおんせん ヲンねゆヲンセン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道北東部,北見市にある温泉常呂川支流,無加川中流に泉源がある。地名はアイヌ語のオンネユ (年老いた温泉の意) に由来。泉質は単純泉,硫黄泉。泉温 50℃前後。エゾムラサキツツジ群落が春に美しい花を咲かせる。大雪山層雲峡への東側の基地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道北東部、北見市(きたみし)留辺蘂町(るべしべちょう)地区にある温泉。無加(むか)川を挟んで旅館が立ち並ぶ。泉質は硫黄(いおう)泉。大雪国道(39号)が通じ、JR石北(せきほく)本線留辺蘂駅からはバスの便がある。無加川左岸の山麓(さんろく)地には日本最大といわれるエゾムラサキツツジの群落がある。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

北海道東北部、留辺蘂(るべしべ)町にある温泉。泉質は硫化水素泉。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android