疎水コロイド(読み)そすいコロイド(英語表記)hydrophobic colloid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疎水コロイド
そすいコロイド
hydrophobic colloid

水を分散媒とするコロイドで,微粒子として分散している分散相親水性が小さいもの。分散媒としての水との親和力が小さいため不安定で,少量の電解質を加えると凝析して沈殿を生じやすい。金属やその硫化物など多くの無機化合物のコロイドがこれに属する。さらに分散媒が水以外の他の液体で,分散相との親和力が小さいコロイドを疎液コロイドという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

疎水コロイド【そすいコロイド】

水を分散媒とするコロイド溶液のうち,水とコロイド粒子との親和性が弱いもの。少量の電解質を加えると容易に凝結を起こす。金属,金属硫化物,金属水酸化物などのコロイド溶液がこれに属する。疎水コロイドはその粒子間の静電的反発力により分散しているため,微量の電解質によってその荷電が中和されて凝結するのであり,微量の親水コロイドを添加すると安定化することが多い(保護コロイド)。
→関連項目コロイド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そすいコロイド【疎水コロイド】

分散媒が水であるコロイド溶液のうち、コロイド粒子と水との間の親和性が小さいもの。 ⇔ 親水コロイド

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そすい‐コロイド【疎水コロイド】

〘名〙 (コロイドはcolloid) 分散媒である水とコロイド粒子との親和性が弱いコロイド。金・銀などの金属元素、水酸化鉄など重金属の水酸化物、硫化砒素などの硫化物がつくりやすい。チンダル現象を示し、粒子はブラウン運動を行なっている。一般に不安定で少量の電解質で凝結しやすい。疎水膠質。⇔親水コロイド

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の疎水コロイドの言及

【コロイド】より

…これを凝結という。凝結しやすいコロイドを疎水コロイドhydrophobic colloid,あるいは一般的に疎液コロイドlyophobic colloidという。疎水コロイドは多く微細な結晶質あるいは非晶質の粒子が分散した系で,このように微細ではあるが独立した一つの相をつくる粒子が分散したコロイド系を粒子コロイドという。…

※「疎水コロイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android