コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎水コロイド そすいコロイドhydrophobic colloid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疎水コロイド
そすいコロイド
hydrophobic colloid

水を分散媒とするコロイドで,微粒子として分散している分散相親水性が小さいもの。分散媒としての水との親和力が小さいため不安定で,少量の電解質を加えると凝析して沈殿を生じやすい。金属やその硫化物など多くの無機化合物のコロイドがこれに属する。さらに分散媒が水以外の他の液体で,分散相との親和力が小さいコロイドを疎液コロイドという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

疎水コロイド【そすいコロイド】

水を分散媒とするコロイド溶液のうち,水とコロイド粒子との親和性が弱いもの。少量の電解質を加えると容易に凝結を起こす。金属,金属硫化物,金属水酸化物などのコロイド溶液がこれに属する。
→関連項目コロイド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

そすいコロイド【疎水コロイド】

分散媒が水であるコロイド溶液のうち、コロイド粒子と水との間の親和性が小さいもの。 ↔ 親水コロイド

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の疎水コロイドの言及

【コロイド】より

…これを凝結という。凝結しやすいコロイドを疎水コロイドhydrophobic colloid,あるいは一般的に疎液コロイドlyophobic colloidという。疎水コロイドは多く微細な結晶質あるいは非晶質の粒子が分散した系で,このように微細ではあるが独立した一つの相をつくる粒子が分散したコロイド系を粒子コロイドという。…

※「疎水コロイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

疎水コロイドの関連キーワードスモルコフスキーの凝結速度式スモルコフスキーDLVOの理論保護コロイド凝結価金数

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android