コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白峰山 しらみねさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白峰山
しらみねさん

香川県坂出市東部にある山。標高 337m。五色台山地の西部を占め,ドイツ人ワインシェンクがサヌカイトと命名 (1891) した純讃岐岩原産地。花崗岩類上に火成砕屑岩をはさみ,讃岐岩質安山岩,讃岐岩が重なる。讃岐岩には古銅輝石質と長石質があり,ガラスまたは金属に似た性質をもち,打つと金属音を発する。中国・四国地方打製石器の原石となった。山頂近くに崇徳上皇白峰陵,山腹四国八十八ヵ所第 81番札所の白峰寺があり,山麓一帯にミカン畑が展開する。瀬戸内海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しらみね‐さん【白峰山】

香川県坂出市東部の山。標高337メートル。山腹に白峰寺崇徳天皇陵がある。白峰。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しらみねさん【白峰山】

香川県坂出市東部にある山。標高337m。五色台(国分台)の一峰。四国八十八ヵ所81番札所の白峯(しろみね)寺,保元の乱に敗れて讃岐の配流先で没した崇徳上皇の陵墓がある。白峯寺表参道沿いに立つ鎌倉時代の2基の石造十三重塔(重要文化財)は上皇の供養塔という。【坂口 良昭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しらみねさん【白峰山】

香川県坂出さかいで市東部にある山。海抜337メートル。山腹に四国八十八箇所第八十一番札所の白峰寺がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白峰山
しらみねさん

香川県中北部、国分台(五色台)にある山。坂出(さかいで)市に属す。瀬戸内海国立公園域で、五色台の5峰のうちの一つ。標高337メートル。山腹には四国霊場第81番の白峰(しろみね)寺や、境内に保元(ほうげん)の乱後讃岐(さぬき)に流され、この地で亡くなった崇徳(すとく)上皇の白峰御陵がある。スギや玉樟(たまずさ)とよばれるケヤキの巨木が茂り、静寂境を形成している。[稲田道彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白峰山の関連キーワード坂出(市)白根三山白根山讃岐国

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android