コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白布[温泉] しらぶ

2件 の用語解説(白布[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

白布[温泉]【しらぶ】

山形県米沢市,西吾妻山北麓にあり大樽(おおだる)川に沿う。白布高湯ともいう。14世紀の開湯と伝え,湯守が置かれていた。含石膏硫化水素泉。60℃。白布大滝など景勝地が多く,国際スキー場がある天元台へロープウェー磐梯高原へは西吾妻スカイバレーと呼ぶ観光道路が通じる。
→関連項目米沢[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しらぶ【白布[温泉]】

山形県南端部,米沢市関地区にある温泉。吾妻連峰の北麓,標高約800mの大樽川渓谷に臨む。14世紀初頭に発見されたと伝えられる古くからの湯治場で,かつては白布高湯といわれ,信夫(福島市),最上(山形市。現,蔵王温泉)の高湯とともに,奥羽三高湯の一つに数えられていた。泉質は硫化水素泉,58~60℃。裏磐梯高原に通じる山岳観光道路〈西吾妻スカイバレー〉の起点,吾妻連峰の登山口で,冬には上方にある天元台吾妻国際スキー場の宿泊基地となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白布[温泉]の関連キーワード赤倉温泉大仁温泉強羅温泉堂ヶ島温泉湯野浜温泉湯村温泉五色温泉米沢置賜田沢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone