白河[市](読み)しらかわ

百科事典マイペディアの解説

白河[市]【しらかわ】

福島県南部の市。1949年市制。中心市街は阿武隈川上流南岸の段丘上にあり,古代の奥羽三関の一つ白河関の所在地として,また近世の松平氏の城下町として発達,藩主の奨励で興った馬市で栄えた。東北本線,東北新幹線,東北自動車道が通じる。電気機器,金属工業が盛んであるが,高速交通網が整備されて,これに適した企業誘致が進められている。白河関の跡,南湖公園(史跡・名勝)がある。2005年11月西白河郡表郷村,東村,大信村を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。305.32km2。6万4704人(2010)。
→関連項目白河関館林藩棚倉藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらかわ【白河[市]】

福島県中通り南西部にある市。1949年市制。人口4万6544(1995)。市域は阿武隈川上流域にあり,標高350m前後の河川沿岸低地とそれらをとりまく標高450~600mの丘陵地からなり,南西部は栃木県に接する。中心市街地は阿武隈川南岸の段丘上に位置し,江戸時代から小峰城の城下町として形成され発展した。明治10年代の火災で町の大半が焼失したが,町人町には昔の町割りが残っており,丁字路や屈曲する街路がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android