コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白河[市] しらかわ

2件 の用語解説(白河[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

白河[市]【しらかわ】

福島県南部の市。1949年市制。中心市街は阿武隈川上流南岸の段丘上にあり,古代の奥羽三関の一つ白河関の所在地として,また近世の松平氏の城下町として発達,藩主の奨励で興った馬市で栄えた。
→関連項目白河関館林藩棚倉藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しらかわ【白河[市]】

福島県中通り南西部にある市。1949年市制。人口4万6544(1995)。市域は阿武隈川上流域にあり,標高350m前後の河川沿岸低地とそれらをとりまく標高450~600mの丘陵地からなり,南西部は栃木県に接する。中心市街地は阿武隈川南岸の段丘上に位置し,江戸時代から小峰城の城下町として形成され発展した。明治10年代の火災で町の大半が焼失したが,町人町には昔の町割りが残っており,丁字路や屈曲する街路がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白河[市]の関連キーワード猪苗代盆地嬉野剣山中通り本宮浅口嘉手納中通り女南さつま牧之原

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone