コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天王山遺跡 てんのうやまいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天王山遺跡
てんのうやまいせき

福島県白河市久田野にあり,白河盆地のなかの独立丘陵上に位置する弥生時代の遺跡で,1950年に発見。遺構の状況は明瞭ではないが,出土土器はを主として甕,高坏,鉢,注口土器などで,壺の中に焼米が詰っているものが出土した。また,石器ではアメリカ式石鏃,石槍,環石,管玉などが出土した点で注目された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天王山遺跡
てんのうざんいせき

静岡市清水(しみず)区宮加三(みやかみ)えんま田字天王山に所在する遺跡。他の同名遺跡との混同を避けるため、清水天王山遺跡とよぶ。有度(うど)山塊東麓(ろく)の複合扇状地上(標高17メートル)に立地する。1951~75年(昭和26~50)に6回の調査が行われた。縄文前期~歴史時代にかけての複合遺跡であるが、晩期の包含層は6層に重複し、内容も充実している。晩期前葉の土器型式は天王山式とよばれ、静岡県東部~山梨県に分布することが確認されている。遺構としては、平地住居跡3、住居跡状遺構1、屋外炉址(し)6、集石墓3、堅果植物貯蔵穴15(いずれも晩期)が発見されている。出土土器も多彩で、東海東部地域における屈指の晩期遺跡の一つである。[市原寿文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天王山遺跡の関連キーワード福島県白河市久田野清水(静岡市)晩期

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android