コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鷹[町] しらたか

百科事典マイペディアの解説

白鷹[町]【しらたか】

山形県中南部,西置賜(にしおきたま)郡の町。中心は長井盆地北部の荒砥(あらと)で山形鉄道の終点。かつては最上川舟運の河港として栄えた。最上川西岸の段丘上には桑畑が広く,荒砥は桑市でにぎわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらたか【白鷹[町]】

山形県南部,西置賜(にしおきたま)郡の町。人口1万7706(1995)。長井盆地の北部に位置し,中央部を最上川が北流する。中心集落は荒砥(あらと)で,最上川舟運の河港として発達,近世には米沢藩の役屋も置かれた。明治以後は桑市が開かれていたが,現在は衰退しまた,稲作を中心とした農業が主産業であるが,専業農家は激減している。近世以来,絹織物の産地で,米沢紬から発展した米琉(よねりゆう),白鷹御召(米沢織物)は名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android