コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百太夫 ヒャクダユウ

4件 の用語解説(百太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひゃく‐だゆう〔‐ダイフ〕【百太夫】

兵庫県西宮市の百太夫社に祭られた道祖神平安時代は遊女が恋愛神として、また近世は傀儡師(くぐつし)が祖神として祭った神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百太夫 ひゃくだゆう

漂泊の遊女,人形遣いらの守護神
平安時代後期以降,尊崇された。道祖神のなかの1神ともいわれ,末社の形で諸社におかれる。なかでも兵庫県西宮の夷(えびす)大明神(現西宮神社)が有名で,正月に木製の神体の顔に白粉(おしろい)をぬる。ほかに京都の八坂(やさか)神社などにもまつられている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくだゆう【百太夫】

平安末期以降,漂泊の遊女および傀儡(くぐつ)(人形まわし)らの集団が,共同体の守護神として尊崇した神の名。百神,白太夫(はくだゆう)というのも同じ神と思われる。百太夫は地位の低い小祠の神で,道祖神の一名ともいわれる。遊女が尊崇したのは,その求愛神,和合神としての属性によるとみられ,《梁塵秘抄》所収の歌謡にその反映がある。百太夫社は末社の形で諸社に付属しているが,なかでも兵庫県西宮の夷(えびす)大明神(現,西宮神社)のそれが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひゃくだゆう【百太夫】

道祖神の一。古く遊女・傀儡くぐつの信仰を受け、また小児の厄除けにも信仰された。兵庫県西宮神社の末社百太夫社にまつられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百太夫の関連キーワード遊女桜木傀儡師・傀儡子傀儡回し傀儡女訓点資料鉄砲見世昼三漂泊の楽人傀儡子記遊女記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone