コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百太夫 ヒャクダユウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百太夫 ひゃくだゆう

漂泊の遊女,人形遣いらの守護神
平安時代後期以降,尊崇された。道祖神のなかの1神ともいわれ,末社の形で諸社におかれる。なかでも兵庫県西宮の(えびす)大明神(現西宮神社)が有名で,正月に木製神体の顔に白粉(おしろい)をぬる。ほかに京都の八坂(やさか)神社などにもまつられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくだゆう【百太夫】

平安末期以降,漂泊の遊女および傀儡(くぐつ)(人形まわし)らの集団が,共同体の守護神として尊崇した神の名。百神,白太夫(はくだゆう)というのも同じ神と思われる。百太夫は地位の低い小祠の神で,道祖神一名ともいわれる。遊女が尊崇したのは,その求愛神,和合神としての属性によるとみられ,《梁塵秘抄所収の歌謡にその反映がある。百太夫社は末社の形で諸社に付属しているが,なかでも兵庫県西宮の夷(えびす)大明神(現,西宮神社)のそれが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひゃくだゆう【百太夫】

道祖神の一。古く遊女・傀儡くぐつの信仰を受け、また小児の厄除けにも信仰された。兵庫県西宮神社の末社百太夫社にまつられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百太夫の関連キーワード豊竹八重太夫(6代)淡路人形浄瑠璃兵庫県西宮市人形浄瑠璃貝原和軒厄除け小児

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百太夫の関連情報