コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百花斉放百家争鳴 ひゃっかせいほうひゃっかそうめいBai-hua qi-fang bai-jia zheng-ming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百花斉放百家争鳴
ひゃっかせいほうひゃっかそうめい
Bai-hua qi-fang bai-jia zheng-ming

1956~57年初頭,中国共産党が提唱した学問,思想,文化,芸術などの各分野における自由な発言を奨励した「上からの自由化」運動。 56年5月2日毛沢東が最高国務会議で,共産党と民主諸党派との「長期共存,相互監督」を提唱。次いで5月 26日党宣伝部長陸定一が,党内外の自然科学者,社会科学者,文芸活動家を集めた科学文化工作者会議で「百花斉放百家争鳴」を呼びかけ,(1) 学術の発展のための自由な討論,創作,批評,意見の発表の自由の保障,(2) 文化,芸術と政治を同一視する偏向の排除,(3) 思想問題を行政命令式に解決することの回避などを主張した。9月の八全大会においても劉少奇副主席が政治報告のなかで,科学と芸術の発展のためには,「百花斉放百家争鳴」の方針によって自由に論議し合い,自由に競い合うことが必要であり,行政上の命令によって指導を行うべきではないと述べた。毛沢東も 57年2月 27日の最高国務会議における講演「人民内部の矛盾を正しく処理する問題について」のなかでこの方針に触れており,3月 12日の全国宣伝工作会議における講話でも,「大胆に発言し,批判し,論争し,まちがった議論を恐れず,毒素を含んだものを恐れず,相互の論争と批判を活発にすること」を強調。この運動は民主諸党派や党内外の知識分子の不満や要求を自由に表明させることによって,党が官僚主義,セクト主義,主観主義に陥ることを防ぐためであるとされたが,運動が拡大して共産党批判が激しくなったため,6月以後党指導部によって反右派闘争が始り,運動は終息させられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百花斉放百家争鳴の関連キーワード日中貿易[第2次世界大戦後]王蒙

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android