コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検死/検屍 ケンシ

デジタル大辞泉の解説

けん‐し【検死/検×屍】

[名](スル)変死者などの死体を医師が調べること。解剖しないで、外側や表面から病死か変死かなどを検査することをいう。→検視

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんし【検死 postmortem inspection】

検屍とも書く。医師が死体の外表面を検査して死因,死後経過時間などを判断すること。検案ともいう。検死の対象となる死体は,医師が医師法21条に基づき届け出た異常死体である。例えば,外因死(不慮の事故死・自殺・他殺など)と推定される死体や,外因死か病死か判断しがたい死体のほか,病死の可能性が高いが診療をまったく受けていないため生前の健康状態が医学的に明らかになっていないもの,診療を受けたことがあっても相当以前で,その後の病状が把握されていないもの,死因が不明のものなどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の検死/検屍の言及

【異常死体】より

…異常死体に対しては,届出にもとづき警察の調査(検視)が行われる。この際,原則として医師が立ち会い,死体外表の検査(検死)を行う。犯罪による死亡が疑われる場合や,死亡の原因や状況をさらに明確にする必要のある場合には,死体の解剖(司法解剖あるいは行政解剖)を行う。…

※「検死/検屍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

検死/検屍の関連キーワードボディ・オブ・プルーフ 死体の証言災害犠牲者身元確認作業ドクター刑事クインシーマイケル・ジャクソンロバート ウォーカー京都花見小路殺人事件アドマイヤラクティコリン コッタリル京都二年坂殺人事件京都清水坂殺人事件脳死・臓器移植問題ティム クリングクレメンス14世故人の縊死により宮崎旅行の殺人検察官(法律)扇形のアリバイ長崎殺人物語コーンウェル寒がりの死体

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android