目の色を変える(読み)めのいろをかえる

精選版 日本国語大辞典「目の色を変える」の解説

め【目】 の 色(いろ)=を変(か)える[=が変(か)わる]

目つきをかえる。また、血走った目つきになる。怒りや驚き、また何かに熱中するさまの表現に用いる。
※評判記・秘伝書(1655頃)なみだのひしょの事「めのいろをかへたきときは、いけめば、めのうちに、あかすぢはるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「目の色を変える」の解説

いろ・える

目つきを変える。怒り・驚きや、何かに熱中するようすにいう。「―・えて課題に取り組む」
[類語]専心打ち込む専念没頭没入傾注没我熱中夢中熱心鋭意無我夢中背水の陣緊褌きんこん一番凝る耽る浸る骨折る骨を折る根を詰める心血を注ぐ手を尽くす身を投ずる身を挺する体を張る明け暮れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android