緊褌一番(読み)きんこんいちばん

四字熟語を知る辞典「緊褌一番」の解説

緊褌一番

心を引き締めて発奮し、十分の覚悟をもって事に当たること。

[活用] ―する。

[使用例] 我々は米国に対してよりもむしろこれらの独逸人に対して緊褌一番する必要があります[有島武郎*或る女|1919]

[使用例] それらのをふまないために、今こそ我我は緊褌一番すべきであると[中島敦*光と風と夢|1942]

[解説] 「緊褌」はふんどしをかたく絞めること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「緊褌一番」の解説

きんこん【緊褌】 一番(いちばん)

心を引き締めて発奮し、十分の覚悟をもって事に当たること。
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「我々は米国に対してよりも寧(むし)ろこれらの独逸人に対して緊褌(キンコン)一番する必要があります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「緊褌一番」の解説

きんこん‐いちばん【緊×褌一番】

気を引き締め、十分な覚悟をもって事に当たること。「緊褌一番、打開策に取り組む」
[類語]専心打ち込む専念没頭没入傾注没我熱中夢中熱心鋭意無我夢中背水の陣凝る耽る浸る骨折る骨を折る根を詰める目の色を変える心血を注ぐ手を尽くす身を投ずる身を挺する体を張る明け暮れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android