打込む(読み)ウチコム

デジタル大辞泉「打込む」の解説

うち‐こ・む【打(ち)込む】

[動マ五(四)]
上から強くたたいて中へ入れる。「くぎを―・む」

球技で相手の陣などに球を打って入れる。「ライトスタンドに―・む」
㋑(「撃ち込む」「射ち込む」とも書く)弾丸や矢を発射して敵に当てる。「敵陣砲弾を―・む」
その事に全精力を注ぐ。熱中する。夢中になる。「仕事に―・む」
頭や精神に強く入れる。
「卵の如き青年の頭脳へ、社会主義など―・んで」〈木下尚江火の柱
剣道・ボクシングなどで、相手のすきをついて打ってかかる。「へ―・む」
で、相手の陣内に石を打つ。

㋐テニス・卓球などで、相手のコートに、強烈な球を打ち返す。「左サイドに―・む」
㋑野球で、相手投手に集中打を浴びせる。「―・まれて降板する」
㋒野球・テニスなどで、時間をかけて、多くの球を打つ練習をする。「納得が行くまで―・む」
コンクリートを枠に流し入れる。「ビルの基礎を―・む」
順序なく入りまじる。入り乱れる。
「後ろに三百余騎は―・みてありけり」〈愚管抄・六〉
[可能]うちこめる
[類語]専念専心没頭没入傾注明け暮れる奮励努力精励頑張る踏ん張る奮闘奮発奮起勉励刻苦粉骨砕身はげ張り切るやり抜く粘る励行刻苦勉励精進精勤恪勤かっきん努めるいそしむ精出す精を出す精が出る注ぎ込む熱を入れる力を入れる馬力を掛ける没我熱中夢中熱心鋭意無我夢中背水の陣緊褌きんこん一番凝る耽る浸る骨折る骨を折る根を詰める目の色を変える心血を注ぐ手を尽くす身を投ずる身を挺する体を張る明け暮れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android