コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)込む ウチコム

デジタル大辞泉の解説

うち‐こ・む【打(ち)込む】

[動マ五(四)]
上から強くたたいて中へ入れる。「くぎを―・む」

㋐球技で相手の陣などに球を打って入れる。「ライトスタンドに―・む」
㋑(「撃ち込む」「射ち込む」とも書く)弾丸や矢を発射して敵に当てる。「敵陣へ砲弾を―・む」
その事に全精力を注ぐ。熱中する。夢中になる。「仕事に―・む」
頭や精神に強く入れる。
「卵の如き青年の頭脳へ、社会主義など―・んで」〈木下尚江火の柱
剣道・ボクシングなどで、相手のすきをついて打ってかかる。「胴へ―・む」
碁で、相手の陣内に石を打つ。

㋐テニス・卓球などで、相手のコートに、強烈な球を打ち返す。「左サイドに―・む」
㋑野球で、相手投手に集中打を浴びせる。「―・まれて降板する」
㋒野球・テニスなどで、時間をかけて、多くの球を打つ練習をする。「納得が行くまで―・む」
コンクリートを枠に流し入れる。「ビルの基礎を―・む」
順序なく入りまじる。入り乱れる。
「後ろに三百余騎は―・みてありけり」〈愚管抄・六〉
[可能]うちこめる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

打(ち)込むの関連キーワードペーパードレーン工法海上ヘリポート金田 心象ニーダム鋼矢板組紐

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android