手を尽くす(読み)テヲツクス

大辞林 第三版の解説

てをつくす【手を尽くす】

考えられる限りの方法を試みる。 「八方、-・す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て【手】 を 尽(つ)くす

あらゆる手段・方法をしつくす。できるかぎりのわざをつくす。大いに苦心をする。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「所々より、ひわりごてをつくして奉り給ふ」
人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「其義もいろいろ手(テ)を尽(ツク)し品を代て、詮穿いたしためしましたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

手を尽くすの関連情報