夢中(読み)ムチュウ

デジタル大辞泉の解説

む‐ちゅう【夢中】

[名・形動]
物事に熱中して我を忘れること。また、そのさま。「夢中で本を読む」「競馬に夢中になる」「無我夢中
夢を見ている間。夢の中。
「多数は猶安眠の―にあり」〈独歩・愛弟通信〉
正気を失うこと。また、そのさま。
「余りの嬉しさに…―な程でした」〈若松訳・小公子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐ちゅう【夢中】

〘名〙
① 夢を見ている間。夢の中。
※文華秀麗集(818)上・早春別阿州伴掾赴任〈紀末守〉「欲識我魂随子去、羈亭夜夜夢中看」 〔列子‐周穆王〕
② 意識を失うこと。自覚を失うこと。
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)二「残らず夢中(ムチウ)になって、かしら髪一筋もなく」
③ (形動) 知らないこと。わからないこと。また、そのさま。
※俳諧・芭蕉葉ぶね(1817)「付句などいふもののありとは、一向夢中にて居る輩もありと見ゆ」
④ (形動) ある事をするのに熱中して我を忘れること。物事に心を集中すること。また、そのさま。
※雨の日ぐらし(1891)〈山田美妙〉糸犬一郎「夢中(ムチウ)に為って飛び立ちました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報