夢中(読み)むちゅう

精選版 日本国語大辞典「夢中」の解説

む‐ちゅう【夢中】

〘名〙
を見ている間。夢の中。
※文華秀麗集(818)上・早春別阿州伴掾赴任〈紀末守〉「欲識我魂随子去、羈亭夜夜夢中看」 〔列子‐周穆王〕
② 意識を失うこと。自覚を失うこと。
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)二「残らず夢中(ムチウ)になって、かしら髪一筋もなく」
③ (形動) 知らないこと。わからないこと。また、そのさま。
※俳諧・芭蕉葉ぶね(1817)「付句などいふもののありとは、一向夢中にて居るもありと見ゆ」
④ (形動) ある事をするのに熱中して我を忘れること。物事に心を集中すること。また、そのさま。
※雨の日ぐらし(1891)〈山田美妙〉糸犬一郎「夢中(ムチウ)に為って飛び立ちました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夢中」の解説

む‐ちゅう【夢中】

[名・形動]
物事に熱中して我を忘れること。また、そのさま。「夢中で本を読む」「競馬に夢中になる」「無我夢中
夢を見ている間。夢の中。
「多数は猶安眠の―にあり」〈独歩・愛弟通信〉
正気を失うこと。また、そのさま。
「余りの嬉しさに…―な程でした」〈若松訳・小公子
[類語]無我夢中没我忘我専心のめり込む入れ込む血道を上げる首っ丈打ち込む専念没頭没入傾注熱中熱心鋭意背水の陣緊褌きんこん一番凝る耽る浸る骨折る骨を折る根を詰める目の色を変える心血を注ぐ手を尽くす身を投ずる身を挺する体を張る明け暮れるひたすらいちずひたむき一筋ただただただ専一ひとえに一心一念一路一散一目散一直線一本槍一点張り一辺倒一意専心営営せっせ遮二無二無二無三がむしゃら一心不乱脇目も振らずまっしぐらしゃかりきしゃにむに無心粉骨砕身直線的傾倒猪突猛進ストレート我を忘れるこんを詰める身を入れる身を砕く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android