体を張る(読み)からだをはる

精選版 日本国語大辞典 「体を張る」の意味・読み・例文・類語

からだ【体】 を 張(は)

一身をなげうって行動する。命がけで行動する。
ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉一「体を張る以外に、もとでのいらない商売だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「体を張る」の意味・読み・例文・類語

からだ・る

命懸けで事に当たる。「―・って会社の名誉を守る」
[類語]専心打ち込む専念没頭没入傾注没我熱中夢中熱心鋭意無我夢中背水の陣緊褌きんこん一番凝る耽る浸る骨折る骨を折る根を詰める目の色を変える心血を注ぐ手を尽くす身を投ずる身を挺する明け暮れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android