コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱心 ネッシン

デジタル大辞泉の解説

ねっ‐しん【熱心】

[名・形動](スル)ある物事に深く心を打ち込むこと。また、そのさま。「熱心な仕事ぶり」「熱心に講義を聞く」
「会社の帰掛け稽古に―している由を」〈荷風・雨瀟瀟〉
[派生]ねっしんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねっしん【熱心】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
物事に情熱をこめて打ちこむこと。心をこめて一生懸命すること。また、そのさま。 「 -に勉強する」 「 -な練習態度」 「そんなに放蕩ほうとうに-するだらう/当世書生気質 逍遥
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

熱心の関連キーワードメナヘム・ベン・ジャイルエンスージアスティック善に強い者は悪にも強いコア・グループの構築ハードワーカー当世書生気質下手の横好きファディズム熱を入れる精を励ます熱祷・熱禱ジャッピー一饋に十起耳を傾ける心を傾ける力を入れるキヤノン利に走る頭を捻る拝み入る

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱心の関連情報