真室川[町](読み)まむろがわ

百科事典マイペディア 「真室川[町]」の意味・わかりやすい解説

真室川[町]【まむろがわ】

山形県北部,最上川の支流鮭川上流域を占める最上郡の町。中心奥羽本線が通じる真室川で,小城下町として発達山林が広く,農林業を営む。米作畜産養蚕を行う。真室川音頭鷹匠(たかじょう)で知られる。374.22km2。9165人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android