真室川[町](読み)まむろがわ

百科事典マイペディア「真室川[町]」の解説

真室川[町]【まむろがわ】

山形県北部,最上川の支流鮭川上流域を占める最上郡の町。中心は奥羽本線が通じる真室川で,小城下町として発達。山林が広く,農林業を営む。米作畜産養蚕を行う。真室川音頭鷹匠(たかじょう)で知られる。374.22km2。9165人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「真室川[町]」の解説

まむろがわ【真室川[町]】

山形県北端,最上郡の町。人口1万1571(1995)。町域の大半丁岳(ひのとだけ)山地の山林で,東部を南流する真室川,西部を南流する鮭川沿いに低地が開ける。主集落の真室川は,天文年間(1532‐55)に小野寺氏の部将佐々木(鮭延(けさのべ))氏が築いた真室城の小城下町で,1622‐24年(元和8‐寛永1)には戸沢氏6万石(新庄藩)の居城地であった。また羽州街道(国道13号線)の要衝でもあったため,郡北の中心として栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android