コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睾丸炎(精巣炎) こうがんえんせいそうえんOrchitis

翻訳|Orchitis

家庭医学館の解説

こうがんえんせいそうえん【睾丸炎(精巣炎) Orchitis】

◎急性と慢性がある
[どんな病気か]
 睾丸炎には、急性と慢性があります。
 急性睾丸炎(きゅうせいこうがんえん)は、睾丸(精巣)が急に赤く腫れあがり、疼痛(とうつう)(激しい痛み)がおこる病気で、多くの場合、流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)(おたふくかぜ(「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)」))にともなっておこります。
 慢性睾丸炎(まんせいこうがんえん)は、睾丸は徐々に腫れますが、発赤(ほっせき)や疼痛がほとんどおこらず、結核性睾丸炎(けっかくせいこうがんえん)によるものが代表です。
 睾丸炎は、副睾丸炎(精巣上体炎(せいそうじょうたいえん))に比べてまれな病気で、最近は予防的に抗生物質が使用されるため、流行性耳下腺炎にともなう睾丸炎を除くと、睾丸炎はほとんどみられません。
[原因]
 細菌(大腸菌(だいちょうきん)、レンサ球菌(きゅうきん)、ブドウ球菌など)、ウイルス(流行性耳下腺炎ウイルス、インフルエンザウイルスなど)、真菌(しんきん)(アクチノミコーシスなど)、特殊な菌(結核菌(けっかくきん)、らい菌、梅毒菌(ばいどくきん)、淋菌(りんきん)など)、寄生虫(フィラリア、住血吸虫(じゅうけつきゅうちゅう)、マラリア、アメーバなど)、外傷性など、いろいろな原因が知られています。
 睾丸炎は、外傷性睾丸炎を除き、血行性におこります。すなわち、からだの他の部位に感染巣(耳下腺炎、扁桃炎(へんとうえん)、上顎洞炎(じょうがくどうえん)、蜂巣織炎(ほうそうしきえん)、骨髄炎(こつずいえん)、心内膜炎(しんないまくえん)など)がある場合、その感染巣の菌が血流とともに睾丸に運ばれて睾丸炎をおこします。菌の種類によっては、化膿(かのう)して排膿(はいのう)することもあります。
[検査と診断]
 まず触診による検査が行なわれます。睾丸全体が腫れて化膿していれば、波動を感じます(プヨプヨした感じ)。急性であれば、発赤、疼痛をともないます。
 流行性耳下腺炎による睾丸炎では、4~5日前に耳下腺の腫れがみられることが多いようです。
 思春期前の男児では睾丸が腫れることはありませんが、思春期以後(11~12歳以後)の男性では、流行性耳下腺炎の約30%に睾丸炎が合併します。多くは片側の睾丸の炎症のみですが、睾丸炎にかかった人の10%前後に、両側の睾丸炎がおこります。この結果、両側の睾丸の萎縮(いしゅく)がおこり、無精子症(むせいししょう)(不妊症(「男子不妊症」))になります。
 しかしこの場合でも、男性ホルモンはある程度分泌(ぶんぴつ)されるので、インポテンスになることはほとんどありません。
 結核性やフィラリアなどの寄生虫によるものは慢性の痛みのない腫れがみられます。結核性では腎臓(じんぞう)、膀胱(ぼうこう)、前立腺(ぜんりつせん)、副睾丸(精巣上体)などの結核に随伴しておこることが多いものです。
●鑑別診断
 睾丸炎はまれな病気で、頻度の高い副睾丸炎とよくまちがえられます。しかし丹念に触診すれば、副睾丸炎と睾丸炎の見分けはつきます。
 もう1つ重要な鑑別診断は精巣腫瘍(せいそうしゅよう)(コラム「精巣(睾丸)腫瘍」)です。睾丸炎の場合には、多くは睾丸全体が均等に腫れますが、精巣腫瘍では一部分のみがかたく、他の部分は正常で、圧痛もありません。
 さらに睾丸捻転症(こうがんねんてんしょう)(「睾丸捻転症(精巣捻転症/睾丸回転症)」)との鑑別も必要です。睾丸捻転は睾丸の発赤、腫れ、疼痛があり、睾丸炎や副睾丸炎と区別できないことが多いので、このような症状が現われたときは、早急に専門医に診(み)てもらう必要があります。
[治療]
 流行性耳下腺炎にともなっておこる急性睾丸炎は、1週間くらいで自然によくなります。
 耳下腺炎の発生時点でγ(ガンマ)グロブリンを注射すれば、睾丸炎の発生が減少するとの報告もありますが、確実ではありません。ふつう、鎮痛薬の使用と冷湿布(れいしっぷ)で経過を観察します。
 流行性耳下腺炎にともなう急性睾丸炎は、精細管の炎症であり、化膿することはありません。しかし、数か月後に徐々に睾丸が萎縮し、精子形成がみられなくなります。片側の睾丸のみの萎縮では妊娠に支障はありません。
 結核性では、初期睾丸結核であればそのまま抗結核療法を行ないますが、ある程度進行していれば、睾丸を摘除した後、抗結核療法を行ないます。
 他の睾丸炎に関しても、原因を究明し、原病(元になっている病気)の治療を行なえば、睾丸炎もよくなります。
[日常生活の注意]
 睾丸炎は、全身性の病気の一症状として捉えるべきであり、日常生活でも、原病の治療方針に従うことが基本です。原病は、一般的に結核などの消耗性疾患が多いので、栄養をつけ、過度な運動は避けます。飲酒も厳禁です。
 流行性耳下腺炎にともなう急性睾丸炎では、流行性耳下腺炎にかかった子どもからなるべく遠ざけるようにします。流行性耳下腺炎の予防には、おたふくかぜワクチンの使用が有効です。結核などの消耗性疾患の予防には、過労を避け、栄養をつけ、体力の増進をはかることがたいせつです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

睾丸炎(精巣炎)の関連キーワード思春期のおたふくかぜと睾丸炎精巣(睾丸)腫瘍

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android