コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢本 やもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢本
やもと

宮城県中部東松島市東部の旧町域。石巻湾岸にあり,石巻市の西に隣接する。 1940年町制。 1955年赤井村,大塩村の2村と合体。 2005年鳴瀬町と合体して東松島市となった。石巻湾岸の浜堤の内側に北上運河が通じる。浜堤の上では野菜栽培が盛んで,仙台市,石巻市に野菜を供給している。東部は石巻工業港の背後の機械金属工業団地があり,工業化,住宅地化が進んでいる。仙台湾新産業都市の一部。海岸地帯に航空自衛隊松島基地がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢本
やもと

宮城県東部、桃生(ものう)郡にあった旧町名(矢本町(ちょう))。現在は東松島(ひがしまつしま)市の北東部を占める地域。1940年(昭和15)鷹来(たかき)村が町制施行して矢本町成立。1955年赤井、大塩の2村と合併。2005年(平成17)桃生郡鳴瀬(なるせ)町と合併して市制施行、東松島市となった。旧町域は石巻(いしのまき)湾岸の定(じょう)川、鳴瀬川のつくる低平な平野を占める。JR仙石(せんせき)線、国道45号が通じ、三陸自動車道の矢本、石巻港の二つのインターチェンジがある。近世には仙台藩による新田開発が行われ、明治維新後、伊達(だて)一門の片倉家の藩士44名が帰農した。水田が広く、石巻湾沿いの浜堤(ひんてい)では野菜やナシが栽培される。1882年(明治15)後背湿地を利用した北上(きたかみ)運河が開削されたが、現在はほとんど使用されない。東端の定川河口に石巻工業港が建設され、機械金属団地ができ、宅地化も進んでいる。また航空自衛隊松島基地がある。平田原(ひらたはら)貝塚、矢本横穴古墳群などがある。[長谷川典夫]
『『矢本町史』全3巻(1973~1976・矢本町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

矢本の関連情報