コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥絵 どろえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泥絵
どろえ

泥絵具で描かれた絵。江戸時代末期頃に流行。泥絵具は粘土などを顔料と混合した泥状の絵具で,粗悪ではあるが廉価なため芝居の看板,書割りなどに用いられた。したがって遺品は少いが,近年になって注目されはじめた土佐の絵金 (えきん) ,すなわち弘瀬金蔵の芝居絵屏風に絵が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でい‐え〔‐ヱ〕【泥絵】

金泥・銀泥を使って描いた絵。一般に黒漆塗りの器物や紺紙など暗色の地に描かれ、奈良時代から平安時代にすぐれた遺品が多い。金銀泥絵。金銀絵。
どろえ(泥絵)1

どろ‐え〔‐ヱ〕【泥絵】

泥絵の具で描いた絵。江戸末期に起こり、主に芝居の書き割りや看板に用いられた。
でいえ(泥絵)1

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

でいえ【泥絵】

金泥や銀泥で描いた絵。古代の工芸・絵画で好まれた。
泥絵どろえ 」に同じ。

どろえ【泥絵】

金泥・銀泥ではなく、安価な泥絵の具で描いた絵。江戸末期におこり、芝居の看板や書き割り・のぞき絵などに用いられ隆盛した。
でいえ(泥絵) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥絵
どろえ

泥絵の具とよばれる、胡粉(ごふん)を混ぜた安価な粉末状の絵の具で描いた絵のこと。江戸時代、芝居の看板絵や絵馬(えま)などの制作にこの手法が多く用いられた。不透明で濁った色感が油絵の具の色感に通ずるため、幕末から明治初期にかけては、眼鏡絵(めがねえ)などの洋風画やガラス絵などにも採用された。金泥(きんでい)、銀泥などで描いた絵のことは、普通、泥絵(でいえ)と呼び習わしている。[小林 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

泥絵の関連キーワード張り子鬘・張子鬘木彫人形十二支にかわ(膠)吉田 政造松田 権六本阿弥光悦大熊 喜邦はこた人形佐土原人形象眼・象嵌田島征三巨勢宗茂岩絵の具伏見人形ろうそく芝原人形奈良絵本博多人形ガラス絵金銀泥絵

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泥絵の関連情報