コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥絵 どろえ

6件 の用語解説(泥絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泥絵
どろえ

泥絵具で描かれた絵。江戸時代末期頃に流行。泥絵具は粘土などを顔料と混合した泥状の絵具で,粗悪ではあるが廉価なため芝居の看板,書割りなどに用いられた。したがって遺品は少いが,近年になって注目されはじめた土佐の絵金 (えきん) ,すなわち弘瀬金蔵の芝居絵屏風に泥絵が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でい‐え〔‐ヱ〕【泥絵】

金泥・銀泥を使って描いた絵。一般に黒漆塗りの器物や紺紙など暗色の地に描かれ、奈良時代から平安時代にすぐれた遺品が多い。金銀泥絵。金銀絵。
どろえ(泥絵)1

どろ‐え〔‐ヱ〕【泥絵】

泥絵の具で描いた絵。江戸末期に起こり、主に芝居の書き割りや看板に用いられた。
でいえ(泥絵)1

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でいえ【泥絵】

金泥や銀泥で描いた絵。古代の工芸・絵画で好まれた。
泥絵どろえ 」に同じ。

どろえ【泥絵】

金泥・銀泥ではなく、安価な泥絵の具で描いた絵。江戸末期におこり、芝居の看板や書き割り・のぞき絵などに用いられ隆盛した。
でいえ(泥絵) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥絵
どろえ

絵の具とよばれる、胡粉(ごふん)を混ぜた安価な粉末状の絵の具で描いた絵のこと。江戸時代、芝居の看板絵や絵馬(えま)などの制作にこの手法が多く用いられた。不透明で濁った色感が油絵の具の色感に通ずるため、幕末から明治初期にかけては、眼鏡絵(めがねえ)などの洋風画やガラス絵などにも採用された。金泥(きんでい)、銀泥などで描いた絵のことは、普通、泥絵(でいえ)と呼び習わしている。[小林 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泥絵の関連キーワード金井金田金津金屋金山悲歌黄金金位どんと錦糸卵/金糸卵/錦糸玉子/金糸玉子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泥絵の関連情報