コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石元泰博 いしもとやすひろ

5件 の用語解説(石元泰博の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石元泰博
いしもとやすひろ

[生]1921.6.14. アメリカ合衆国カリフォルニアサンフランシスコ
[没]2012.2.6. 東京
写真家。1924年にアメリカ合衆国から高知県へ一家で移住し,1939年に単身渡米。シカゴイリノイ工科大学を卒業した 1953年に再訪日。1954年頃から桂離宮の撮影を開始し,その成果は 1960年の『桂 KATSURA 日本建築における伝統と創造』をはじめとする複数の出版物として発表された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしもと‐やすひろ【石元泰博】

[1921~2012]写真家。米国サンフランシスコの生まれ。情緒を排した作風で、都市風景や桂離宮などを題材に作品を残した。平成8年(1996)文化功労者。写真集「シカゴ、シカゴ」「桂」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石元泰博【いしもとやすひろ】

写真家。サンフランシスコ生れ。1924年両親とともに帰国。1939年に単独で渡米し,戦時中は日系人収容所で過ごした経験をもつ。1948年シカゴ・インスティテュート・オブ・デザイン(通称,ニューバウハウス)入学,写真を学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石元泰博 いしもと-やすひろ

1921-2012 昭和後期-平成時代の写真家。
大正10年6月14日アメリカのサンフランシスコ生まれ。昭和23年シカゴ-インスティテュート-オブ-デザインに入学,モホリ-ナギ賞を2度受賞。37年東京綜合写真専門学校教授。41年東京造形大教授。44年日本国籍取得。53年芸術選奨,日本写真協会年度賞。平成8年文化功労者。平成24年2月6日死去。90歳。高知農林卒。写真集に「ある日ある所」「シカゴ・シカゴ」「桂(かつら)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石元泰博
いしもとやすひろ
(1921―2012)

写真家。サンフランシスコ生まれ。1924年(大正13)帰国。高知県立農業学校を卒業し、1939年(昭和14)再渡米。二つの大学を経て、1952年ドイツバウハウスの流れをくむシカゴ・インスティテュート・オブ・デザイン写真科を卒業。在学中ハリーカラハンHarry Callahan(1912―1999)に師事してモホリ・ナギ賞を受賞。1953年帰国。翌年の個展で洗練された空間造形感覚と鮮烈な質感描写で注目され、第二次世界大戦後の日本写真界に新風を吹き込んだ。作品集に『ある日ある所』(1958)、『桂(かつら)』(1960)、『シカゴ・シカゴ』(1969)、『伝真言院両界曼荼羅(まんだら)』(1977)など。1996年(平成8)に東京国立近代美術館で、また1999年にはアメリカのシカゴ美術館でそれぞれ個展を開催。1969年第11回毎日芸術賞、1978年日本写真協会年度賞、芸術選奨文部大臣賞、1983年紫綬褒章(しじゅほうしょう)、1993年勲四等旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)、1996年文化功労者。[重森弘淹・平木 収]
『『ある日ある所』(1958・芸美出版社) ▽ワルター・グロピウス、丹下健三文『桂――日本建築における伝統と創造』(1960・東光堂) ▽『シカゴ・シカゴ』(1969・美術出版社) ▽『伝真言院両界曼荼羅』(1977・平凡社) ▽林屋辰三郎解説『桂離宮』(1982・岩波書店) ▽松本章男文『京の手わざ――匠たちの絵模様』(1988・学芸書林)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石元泰博の関連キーワード北村治千葉治平相良亨高橋剛辻隆長岡毅中島健吉中義勝伴義雄与良清

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石元泰博の関連情報