コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石坂昌孝 いしざか まさたか

4件 の用語解説(石坂昌孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石坂昌孝 いしざか-まさたか

1841-1907 明治時代の民権運動家。
天保(てんぽう)12年4月22日生まれ。武蔵(むさし)多摩郡(東京都)の名主の養子となる。明治12年神奈川県会議員,初代議長となる。14年融貫社を結成,国会開設運動をすすめる。自由党にくわわって大阪事件に連座した。23年衆議院議員(当選4回)。29年群馬県知事。明治40年1月13日死去。67歳。

石坂昌孝 いしざか-しょうこう

いしざか-まさたか

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石坂昌孝

没年:明治40.1.13(1907)
生年:天保12.4.22(1841.6.11)
明治期の自由民権運動家。武蔵国多摩郡野津田村(東京都町田市)に生まれる。明治12(1879)年神奈川県会議員に選ばれ初代議長になったが,まもなく退き民権運動に参画,14年村野常右衛門らと原町田に融貫社を設立,国会開設運動の一翼を担った。同年自由党が結成されると,これに加わり,16年には同党常議員に就任,各地を遊説した。23年第1回総選挙で東京から衆院議員に当選,以後4回連続当選。娘美那子は北村透谷の妻。<参考文献>見田宗介編『自由と民権』(『明治の群像』5巻)

(寺崎修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石坂昌孝
いしざかまさたか
(1841―1907)

明治時代の自由民権家。天保(てんぽう)12年4月22日、武蔵(むさし)国南多摩郡野津田(のつだ)村(東京都町田市野津田町)に農業石坂吉恩の三男として生まれる。しかし、生後まもなく母ほんの実家である名主石坂昌吉家の養子となる。幼名は高之助(たかのすけ)。16歳で石坂家を継ぎ、22歳で義理の妹ヤマと結婚。維新後は戸長、区長、県属を歴任し、小野郷学(おのごうがく)を設立するなど地域の青年教育にも力を注いだ。1879年(明治12)神奈川県会が発足し、県会議員、議長に選ばれる。81年には武相懇親会を設立。このころより民権思想の普及に精力的に取り組み、82年自由党に入党。のち大井憲太郎派に近づき大阪事件(1885)にも連座。90年に多摩から衆議院議員に選出され、96年には群馬県知事に就任した。三多摩壮士の統領ともいえるこの豪農民権家は明治40年1月13日、病を得て東京・牛込(うしごめ)の寓居(ぐうきょ)で死去した。長女美那(みな)は北村透谷(とうこく)の妻、長子は透谷と同年の自由民権家で、アメリカで客死した公歴(まさつぐ)である。[色川大吉]
『渡辺奨著『石坂昌孝の生涯』(『多摩文化』21号所収・1969)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石坂昌孝の関連キーワード自由民権運動自由民権論天野清助岩田道之助海老沢峰章落合寅市鈴木久弥平良新助武市安哉野手一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone