コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山貝塚 いしやまかいづか

3件 の用語解説(石山貝塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石山貝塚
いしやまかいづか

滋賀県大津市石山寺辺町にある縄文時代早期の淡水産種貝塚。琵琶湖から流れ出る瀬田川の右岸にあり,早期末の各種尖底土器とともに,多くの石器,骨角器が発見され,屈葬人骨も5体知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしやまかいづか【石山貝塚】

滋賀県大津市石山寺辺町にある縄文時代早期の淡水貝塚。瀬田川の西岸に位置し,約2.5km北方の琵琶湖最南端までに,縄文時代早期~中期の蛍谷貝塚,前期~晩期の粟津遺跡と続く。貝層は南北40m,東西10mの範囲に認められ,厚さは深い部分で2mをはかり,6~8層にわかれる。下層から順に押型文土器,茅山式並行,粕畑式,上ノ山式,入海I式,入海II式,石山式が出土し,近畿地方における縄文早期後半条痕文土器の編年が確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石山貝塚
いしやまかいづか

滋賀県大津市石山寺辺町(いしやまてらべちょう)、瀬田川(せたがわ)右岸の小公園内にある縄文早期の淡水貝塚。1940年(昭和15)発見、数次の発掘調査が行われた。琵琶(びわ)湖から瀬田川流出口付近に今日でも多量に生息するセタシジミの貝殻が過半を占める。日本では内陸の湖沼地帯に面する貝塚はきわめて少なく、琵琶湖岸でもこの遺跡が唯一のものである。貝層は河岸に沿って南北約50メートル、東西20メートルの範囲にあり、もっとも厚い部分で約2メートルあった。内陸部の貝塚として、また、縄文早期の貝塚として規模の大きいほうであり、早期末の数形式の土器とともに、埋葬人骨5体、貝製、鹿角(ろっかく)製の装身具など、早期末の貴重な遺物が多数出土している。[江坂輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石山貝塚の関連キーワード滋賀県大津市石居滋賀県大津市石場滋賀県大津市石山内畑町滋賀県大津市石山千町滋賀県大津市石山外畑町滋賀県大津市石山寺滋賀県大津市石山寺辺町滋賀県大津市石山南郷町滋賀県大津市石山平津町滋賀県大津市田辺町

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone