コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石打 いしうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石打
いしうち

新潟県南東部,南魚沼市南部の旧村域。六日町盆地の南部にある。 1906年村制施行。 1957年塩沢町,上田村と合体し塩沢町となる。 2005年南魚沼市に編入魚野川の上流域にあり,JR上越線,関越自動車道沿線で特に名高いスキー地区で,舞子後楽園,花岡,丸山などのスキー場がある。近くの関山には民宿が多く,また上野には鉱泉があり湯治場に利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

石打【いしうち】

新潟県南魚沼市にあるスキー場。大丸山山麓に丸山,花岡,スポーツ振興石打,魚野川対岸に後楽園,舞子高原後楽園,ファースト石打,の各ゲレンデがあり,雪量が多く斜面も変化に富む。
→関連項目塩沢[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石打
いしうち

新潟県南部、南魚沼(みなみうおぬま)市塩沢(しおざわ)の一地区。現JR上越線開通(1925)後は清水(しみず)トンネル越えの機関車の付け替え駅(石打駅)としてにぎわっていた。第二次世界大戦後、首都圏からのスキー客が上越線沿線に集まるようになると、石打はそのメッカとして駅の周辺には七つのスキー場が誕生し、年間100万人のスキー客を集めた。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石打の言及

【印地】より

…飛礫(つぶて),石打ともいう。印地の語源は不明。…

※「石打」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石打の関連キーワードセントレジャー舞子スノーリゾートMt.グランビュースキー場奈良県奈良市月ヶ瀬石打コスマスとダミアヌス石打花岡スキー場イスラム教と売春新潟県南魚沼市南魚沼(市)ファルマコス石打ちの征矢聖ステパノ門小野塚彩那パラメデス飄石・飃石大塚 国夫電気機関車石打ちの羽遠山 繁夫祝儀の石入江経一

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石打の関連情報