石村近江(2代)(読み)いしむら おうみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石村近江(2代) いしむら-おうみ

?-1636 江戸時代前期の三味線製作者。
初代は源三と称し京都で活動したが,2代目からは江戸にうつり,「江戸元祖浄本近江」を称した。ふるい代の作品は古近江といわれて珍重され,当時の小説や川柳にもよまれている。寛永13年3月2日死去。通称は源左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android