コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂川[市] すながわ

百科事典マイペディアの解説

砂川[市]【すながわ】

北海道中部,石狩平野の北部にある市。1958年市制。函館本線道央自動車道が通じる。南部の豊沼には火力発電所化学肥料の大工場や火薬,建築木工などの工場もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すながわ【砂川[市]】

北海道中央部の市。1958年市制。人口2万1722(1995)。石狩平野北部の石狩川と空知(そらち)川の合流点付近にあり,東半は夕張山地,西半は南流する石狩川沿いの低地を占める。地名はアイヌ語の〈オタ・シ・ナイ(砂浜の多い川)〉の意訳による。1887年市来知(いちきしり)(現,三笠市)から旭川までの道路がつくられると,石狩川の舟運と結びついて交通の要地となった。特に石狩・空知炭田の開発が進むにつれて,商業や木材工業が発展し,急速に人口も増加した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android