コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケン

2件 の用語解説(研の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん【研】[漢字項目]

[音]ケン(慣) ゲン(呉)(漢) [訓]とぐ みがく
学習漢字]3年
とぐ。みがく。「研磨
物事の本質をきわめる。「研究研鑽(けんさん)研修
「研究会」「研究所」の略。「教研・原研」
(「硯(けん)」と通用)すずり。「研北
[名のり]あき・きよ
[難読]薬研(やげん)

げん【研/拳/嫌/験】[漢字項目]

〈研〉⇒けん
〈拳〉⇒けん
〈嫌〉⇒けん
〈験〉⇒けん

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【日本刀】より

…それ以前,そして現在も一般には〈かたな〉と呼ばれている。日本刀は鉄鋼を鍛練研磨した利器(武器)であるが,古い時代から作られ,それは長い伝統に培われた日本独自のすぐれた工芸技術が生み出したものである。諸外国においても刀剣の遺品は少なくないが,日本刀のように均整のとれた美しい姿,高度の科学的(合理的)な造刀法,さらにはすぐれた研磨などはみられない。…

※「研」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

研の関連情報