コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸カリウム りゅうさんカリウム potassium sulfate

6件 の用語解説(硫酸カリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸カリウム
りゅうさんカリウム
potassium sulfate

化学式 K2SO4 。無色結晶。空気中では安定。比重 2.66,融点 1067℃。水に可溶,アルコールに不溶。カリ肥料として重要であるが,塩化カリウムに比べて高価である。しかし肥料用としては吸湿性その他の関係から,本塩が歓迎されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうさん‐カリウム〔リウサン‐〕【硫酸カリウム】

カリウム硫酸塩。無色の結晶。カリ肥料ガラス明礬(みょうばん)の原料。化学式K2SO4

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

硫酸カリウム【りゅうさんカリウム】

化学式はK2SO4。比重2.662,融点1069℃。無色の結晶。硫酸カリとも。水に可溶,アルコールに不溶。天然にはアルカナイトとして産し,工業的には塩化カリウムを硫酸と熱するか,キーゼリットMgSO4・H2Oと塩化カリウムの複分解によってつくる。
→関連項目カリ肥料酸性肥料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんカリウム【硫酸カリウム potassium sulfate】

化学式K2SO4。天然にアルカナイトarcaniteとして産する。そのほかカイナイト,ピクロメライト,ポリハライト,ラングバイナイト,レオナイトなどの複硫酸塩として岩塩鉱床中に見いだされる。無色斜方晶系結晶(β形),SO42-正四面体で,S―O原子間距離1.50Å。588℃以上では六方晶系のα形となる。融点1069℃,沸点1689℃。比重2.662。水100gに対する溶解度7.35g(0℃),24.1g(100℃)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうさんカリウム【硫酸カリウム】

塩化カリウムと硫酸を熱して得られる無色結晶。化学式 K2SO4 カリ肥料・カリ-ガラス・カリウムミョウバンの原料として用いるほか、緩下剤としても用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸カリウム
りゅうさんかりうむ
potassium sulfate

硫酸のカリウム塩。硫酸カリともいう。天然にはアルカナイトとして産出する。工業的には、カイナイトMgSO4・KCl・3H2O、ピクロメライトMgSO4・K2SO4・6H2O、キーゼライトMgSO4・H2Oなどの水溶液に塩化カリウムを加え、蒸発濃縮によって分離する方法で製造される。精製するには水から再結晶する。無色の結晶。結晶には二つの変態があり、斜方晶系は低温型で、587℃で六方晶系の高温型に転移する。水には溶けるがアルコール、アセトン、二硫化炭素などには溶けない。カリウムミョウバンや臭化カリウムなどカリウム化合物の製造原料となるほか、ガラス工業の原料、医薬品などの用途があるが、カリ肥料としても重要なものである。ほとんど無臭で、各種の肥料と配合することができる。肥効は速効性で、硫安、過リン酸などとともに基肥となる。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫酸カリウムの関連キーワード酸化鉛マイカナイト有るか無し天然水硫化銀然にあらずペリカナイト岩ハイアロヴルカナイトプルトヴルカナイトヴォルカナイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫酸カリウムの関連情報