磁気あらし(嵐)(読み)じきあらし

百科事典マイペディア「磁気あらし(嵐)」の解説

磁気あらし(嵐)【じきあらし】

太陽面上でフレアが発生してから1〜2日後に全世界的に観測される地磁気じょう乱現象。地磁気変化の様相に従い初相,主相,回復相と三つの期間を経て平穏状態にもどる。全体の継続期間は1〜2日程度である。フレアで作られた高速のプラズマ流が地球磁気圏に到達し,地球磁気圏全体を圧縮することによって引き起こされる。主相では,磁気圏の放射線帯に地球を取り巻く環状電流が流れるため,全世界的に地磁気南北成分強度の減少が観測される。
→関連項目オーロラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android