コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気ディスク じきでぃすく

デジタル大辞泉の解説

じき‐ディスク【磁気ディスク】

表面に磁性材料を塗布した円盤で、その磁性面に情報を記録するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

磁気ディスク【じきディスク】

コンピューターの記憶装置の一種。薄い円板(ディスク)に磁性材料を塗り,磁化の方向によって記憶させる。半径方向に動く磁気ヘッドで読取り・書込みを行う。ハードディスクフロッピーディスクなどがある。
→関連項目磁気テープ磁気録音シーケンシャルアクセス端末装置補助記憶ランダムアクセス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じきディスク【磁気ディスク】

コンピューターの記憶媒体の一。磁性材料を塗布した樹脂製の薄い円板。磁化状態を電気的に変化させ、データの読み書きを行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気ディスク
じきディスク
magnetic disk

金属あるいはガラスの円盤に磁性材料を塗布し,磁気による情報の記録を可能にした媒体。コンピュータの外部記憶媒体として使われる。その構造からハードディスクともいう。一つの軸に1~11枚程度の円板を重ね,記憶容量は数メガバイト MBから数ギガバイト GBまで可能で,さらに拡大がはかられている。補助記憶装置 (外部記憶装置) としての磁気ディスク装置では,情報データを記録・再生するための磁気ヘッド,磁気ヘッドを記録媒体上の所定の位置に位置決めするヘッド位置決め機構,およびそれらを制御する記録・再生信号処理回路を含む電子制御回路が付属している。データの読み取り・書き込み動作は,位置決め機構により,磁気ヘッドを現在のトラック位置から目標アドレスまで高速で移動させたのち,データを読み取ったり,書き込んだりする。アクセスタイムは円板の回転速度によって決まり,数十ミリ秒 (ms) 程度である。ディスクパックと称して装置からディスクのみを着脱可能としたものもある。磁気ディスクはアクセスタイムがかなり短く,大量の情報を記憶できるという特徴をもち,補助記憶装置として最も重要な媒体となっている。コンピュータの補助記憶装置として使われたのは 1956年の IBMの機種が最初。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の磁気ディスクの言及

【記憶装置】より


[磁気記憶装置]
 強磁性体の磁化特性を利用した記憶媒体を使った記憶装置を磁気記憶装置という。磁気記憶装置で使われる記憶媒体として,1950年代には磁気ドラムが使われたこともあるが,その後長期にわたって磁気ディスクや磁気テープが主流だった。磁気ディスクとしては,後述するハードディスク(固定ディスク)やフロッピーディスクなどがある。…

※「磁気ディスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁気ディスクの関連キーワードdisc operating systemremovable hard discインデックスシーケンシャルファイルhard disc drivecartridge disc光磁気ディスクドライブdisc mediadisc filesダイナミックメモリーリムーバブルディスクlocal discリムーバブルメディアdisk pack大容量記憶システムパーシャルROMシリコンディスク平均回転待ち時間アンフォーマットコンピュータートラックピッチ

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android