コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野川湖 おのがわこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野川湖
おのがわこ

福島県北部,磐梯山北麓にある湖。秋元湖檜原湖とともに裏磐梯三湖の一つ。面積 1.4km2,最大水深 21.0m,標高 797m,透明度 3m。深部では酸素が少く硫化水素が発生する。湖岸は不規則に屈曲,小島が多く風光明美である。 1888年磐梯山爆発の際,山体の北部が崩壊,泥流が奔流し,秋元,小野川などの集落が埋没,長瀬川がせきとめられて生成。冬の結氷期間が長く,氷上は釣客でにぎわう。湖岸には水力発電所がある。磐梯朝日国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

小野川湖【おのがわこ】

福島県の磐梯高原にある湖。標高797m,面積1.72km2,最深24.4m。湖岸線は出入りに富む。1888年の磐梯山爆発のとき,泥流が小野川をせき止めて生じた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おのがわこ【小野川湖】

福島県耶麻郡北塩原村にある湖。檜原湖秋元湖と並ぶ裏磐梯(檜原)三湖の一つ。1888年磐梯山の大爆発によって流下した泥流が,西吾妻山から発し長瀬川に注いでいた小野川の谷をせき止めて湛水したもので,湖の南西部には泥流丘陵からなる多くの小島が浮かぶ。檜原湖の東約2km,北東から南西にかけて横たわる細長い湖で,面積1.4km2と三湖のうちで最も小さい。1916年流出口に堰堤がつくられ,湖面標高は797mとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕小野川湖(おのがわこ)


福島県北西部、磐梯(ばんだい)山の北麓(ほくろ)にある堰止湖(せきとめこ)。面積1.7km2。桧原(ひばら)湖・秋元(あきもと)湖とともに裏磐梯3湖とよばれる。1888年(明治21)の磐梯山の噴火による泥流で川が堰き止められてできた。湖畔はキャンプ場・サイクリングコース。冬季はワカサギ穴釣りが盛ん。磐梯朝日国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野川湖
おのがわこ

福島県中北部、裏磐梯(ばんだい)三湖の一つ。1888年(明治21)磐梯山大爆発の際の泥流が小野川、中ノ沢をせき止めてつくり出した湖。面積1.4平方キロメートル、最大水深21.8メートル。湖岸線は出入りに富み、湖内には小島が多く、桧原(ひばら)湖、秋元湖などとともに磐梯朝日国立公園の一中心である。小野川、中ノ沢などの河川が流入し、長瀬川に排水する。湖水の一部はトンネルによって秋元湖に導かれ、発電に利用される。南岸には磐梯吾妻(あづま)レークラインが走る。[中村嘉男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小野川湖の関連キーワードレイクビレッジ小野川湖オートキャンプ場福島県耶麻郡北塩原村北塩原(村)北塩原[村]水力発電所硫化水素桧原湖五色沼堰止湖湖岸線出入り中ノ沢透明度北麓秋元氷上深部奔流湖岸山体

小野川湖の関連情報