コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐次磐三郎 ばんじばんざぶろう

4件 の用語解説(磐次磐三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磐次磐三郎
ばんじばんざぶろう

猟師の間で信仰されている狩りの神の名。伝説によれば,下野国日光山のふもとに弓の名人の萬三郎がいた。日光権現と上野国の赤城明神が戦いをしたとき,日光を助けて,むかでに化身した赤城の神を討った功で,全国の山々で自由に狩猟をすることを許可されたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばんじ‐ばんざぶろう〔‐バンザブラウ〕【磐次磐三郎】

関東から東北にかけて分布する伝説の一。狩人の元祖といわれる兄弟が、山の神の難を助けたりする。大汝小汝(おおなんじこなんじ)。万次万三郎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磐次磐三郎 ばんじ-ばんざぶろう

狩猟伝承にみえる神。
奥羽や越後(えちご)(新潟県)の狩猟を業とするマタギによって,その先祖とつたえられる。柳田国男によると,磐次とは磐神で,おおきな岩に山の神をまつる信仰に由来するという。ひとりの名でなく,磐次と磐三郎の兄弟とするものもある。磐司磐三郎,万次(治)万三郎ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磐次磐三郎
ばんじばんざぶろう

狩猟民の元祖とされる神の名で、万次万三郎(まんじまんざぶろう)ともよばれ、東北から北関東にかけて分布している。岩手県遠野(とおの)市の『山立由来記』によれば、万三郎という弓の名人が、日光の権現(ごんげん)に味方して、赤城(あかぎ)明神の化身である大ムカデを射た。この手柄によって山々を知行(ちぎょう)する特権を与えられたとある。山形市立石寺(りっしゃくじ)の『山立根元之巻』では、磐司と磐三郎は猿王と山姫の間に生まれた兄弟である。父の猿王は日光の神を助けて赤城の神を攻めた功によって狩りの特権を得た。清和(せいわ)天皇の貞観(じょうがん)年中(859~877)に慈覚大師がこの地を訪れて山寺を開いたとき、兄弟はその教化を受けて仏法に帰依(きえ)し、狩りをやめた。それから毎年7月7日の山寺の祭りには華やかな鹿子舞(ししまい)が行われ、まず磐司の祠(ほこら)の前で踊ったあと大師堂に奉納するという。兄弟の名は、地方によっては、大汝小汝(おおなんじこなんじ)とか大満小満とよばれ、どちらか1人が山の神のお産を助けてその恩恵を得る話になっている。本来、磐次の名は磐神(ばんじん)から出たといわれ、磐司岩や万事岩と称する岩が示すように、山中の巨石や珍しい岩に山の神を祀(まつ)る信仰にその源を発している。磐次の口拍子から磐三郎の名が生まれ、兄弟譚(たん)になったとの説もある。これらの伝説は、マタギとよばれ狩りを生業とする人々の間で管理されていたもので、『日光山縁起』や「俵藤太(たわらとうた)」伝説とも類似している。[野村純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磐次磐三郎の関連キーワード越後越後帷子越後布越後流越後兎越後富士越後節越後川口越後茶屋長瀬越後

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone