コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会名目論 しゃかいめいもくろんsocial nominalism

3件 の用語解説(社会名目論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会名目論
しゃかいめいもくろん
social nominalism

19世紀の社会学において,社会実在論との間で激しい議論が行われた一方の立場をさす。社会の存在は認めるが,究極的に社会は実在していないと考え,本来社会は個々の独立した個人から成立しているのであって,社会とは個人の集合に与えた名称にすぎないとする考え方

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

社会名目論【しゃかいめいもくろん】

社会唯名論とも。個人は社会に対して優越した存在であり,かつそれのみが実在であって,社会とは単なる擬制的な存在にすぎないとする社会本質論の総称。社会実在論と対立した考え方。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会名目論
しゃかいめいもくろん
social nominalism

社会の本質を考えるにあたって、社会を個人とは別個の一つの実在とは考えず、社会は単なる個人の集合あるいは諸個人の相互作用にほかならず、社会とはそうしたものに付された名称にすぎないとする考え。社会実在論反対概念。社会学上では、社会を個人間の模倣という心理現象と解したタルド同類意識、類似心などの概念を用いて、アメリカにおける心理学的社会学の基礎を築いたギディングス、社会を個人間の心的相互作用ととらえて形式社会学を樹立したジンメル、関係学を提唱したウィーゼなどがこの考えにたっている。また社会現象を、それを担っている個人の行為に還元し、その行為の主観的に思念された意味を理解することが社会学の課題だとするマックス・ウェーバーの主張も、方法上の名目論にたっているといえる。
 このウェーバーの主張についていえば、社会現象のなかには、それを個人の行為に還元し、その行為の主観的な意味を理解することのできない現象があることを認めなければならない。それはたとえば、フランスの経済社会学者シミアンがその存在を明らかにした価格の長期波動である。16世紀の長期の価格上昇局面と17世紀の長期の価格下降局面という現象を、個人の行為に還元して、その主観的に思念された意味を理解するなどということは意味をなさない。それは無数の人間の意図せざる結果である。個人と社会とは相互に浸透する。[古賀英三郎]
『G・タルド著、稲葉三千男訳『世論と群集』(1964・未来社) ▽M・ウェーバー著、林道義訳『理解社会学のカテゴリー』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の社会名目論の言及

【世間】より

…また,〈社会〉には,個人の外側にあって,個人の行動の自由を束縛する全体的な制度だとするニュアンスがある。そこで欧米では,相対立する社会と個人のどちらが真に実在する存在であるかについて見解が分かれ,社会実在論(社会は個人をこえた一つの実在だとする考え)と社会名目論(社会それ自体の実存を認めず,個人の相互関係に還元する考え)という形で争われてきた。だが世間の場合は,それは各人にとって外在する拘束的な機構ではない。…

※「社会名目論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone