コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐徳稲荷神社 ユウトクイナリジンジャ

4件 の用語解説(祐徳稲荷神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆうとく‐いなりじんじゃ〔イウトク‐〕【祐徳稲荷神社】

佐賀県鹿島市にある神社。祭神は倉稲魂神(うかのみたまのかみ)大宮売神(おおみやのめのかみ)・猿田彦神。貞享4年(1687)鍋島直朝の夫人祐徳院万子が創建。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

祐徳稲荷神社【ゆうとくいなりじんじゃ】

佐賀県鹿島市古枝に鎮座。旧県社。倉稲魂(うかのみたま)神・大宮売(おおみやのめ)神・猿田彦(さるたひこ)大神をまつる。1687年鹿島藩主鍋島氏の夫人万子が京都御所内の稲荷社から勧請したもの。
→関連項目稲荷信仰鹿島[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

祐徳稲荷神社

佐賀県鹿島市にある神社。1687年創祀。祭神は倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ)、大宮売大神(おおみやめのおおかみ)、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祐徳稲荷神社
ゆうとくいなりじんじゃ

佐賀県鹿島(かしま)市古枝(ふるえだ)に鎮座。社殿は石壁(いわかべ)山腹の岩崖(がんがい)に組み上げられた丹(に)塗りの高楼建築で、その華麗さから鎮西(ちんぜい)日光とも称される。祭神は倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ)、大宮売(おおみやめの)大神、猿田彦(さるたひこ)大神。1662年(寛文2)肥前(ひぜん)鹿島藩主鍋島和泉守(なべしまいずみのかみ)直朝(なおとも)に入嫁した花山院萬子媛(かざんいんまんこひめ)が、京都花山院邸内に祀(まつ)られていた稲荷大神の分霊を勧請(かんじょう)したのに始まる。1687年(貞享4)現在地に社殿が建立されてより、媛はここに居を移し、80歳で没するまで修行奉仕した。社名は媛の諡(おくりな)である祐徳院瑞顔実麟大姉(ずいがんじつりんたいし)にちなむ。例祭は3月初午(はつうま)の日。ほかに2月初午日の初午祭、4月8日春祭、8月1日夏祭、12月8日秋祭がある。旧県社。[佐野和史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祐徳稲荷神社の関連キーワード佐賀県鹿島市飯田佐賀県鹿島市井手佐賀県鹿島市音成佐賀県鹿島市高津原佐賀県鹿島市常広佐賀県鹿島市中村佐賀県鹿島市浜町佐賀県鹿島市古枝佐賀県鹿島市森佐賀県鹿島市山浦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祐徳稲荷神社の関連情報