コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神子柴遺跡 みこしばいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神子柴遺跡
みこしばいせき

長野県上伊那郡南箕輪村にある先土器時代の遺跡で,天竜川の河岸段丘にある。粘土層から槍先形尖頭器,斧形石器,刃器状石器,掻器形石器,石核が出土。このうち,斧形の石器には大型のものが多く,長さ 22cmぐらいの短冊形をしている。刃部が局部磨製であることが特徴的であり,縄文文化より前に局部磨製の石器があったことを示すものとして重要である。青森県上北郡東北町長者久保で発見された局部磨製の石器と関連があると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みこしばいせき【神子柴遺跡】

長野県上伊那郡南箕輪村神子柴に発見された先土器時代終末期の遺跡。天竜川の高位の河成段丘上にあって,1958年に発掘され,上部のローム層中,5m×3mの長円形の範囲に,大型の槍先形尖頭器14,大型の局部磨製石斧(神子柴型石斧の標式資料)14,搔器8,刃器2,石核8など50点の石器がかたまって出土した。槍先形尖頭器には25cmをこえる,長大でかつ美麗ともいえるほど精巧な作りのものがあり,石斧も20cmに近い大型のものが多く,また付近からは石器製作の際に出る石屑などが見当たらないことなどから,その出土状態について墳墓副葬品説や貯蔵説があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神子柴遺跡
みこしばいせき

長野県上伊那(かみいな)郡南箕輪(みなみみのわ)村神子柴にある旧石器時代末期の遺跡。1958年(昭和33)藤沢宗平(そうへい)、林茂樹(しげき)が調査。槍先(やりさき)形尖頭器(せんとうき)16、刃器(じんき)状石器12、掻器(そうき)形石器3、石核7、原石4、自然石1の計43の遺物が、長径5メートル、短径3メートルの範囲からまとまって出土した。石器は、定型的で秀逸な完形品が規則的に集積、配列されていたため注目を集めた。遺物の出土地点では、肉眼的には遺構が確認されていない。遺物の出土状態の特異性から、住居説、墳墓説、デポ(埋納施設)説などの解釈がなされたが、八群の細別分布を認めて交易関係の品物であるとの考説が成立するという。石質は閃緑岩(せんりょくがん)、黒曜(こくよう)石、頁(けつ)岩などを用いているが、石器の特性に応じた選定をみる。[麻生 優]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神子柴遺跡の関連キーワード長野県上伊那郡南箕輪村麻生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android